多摩区版 掲載号:2018年2月23日号 エリアトップへ

学生がつくる遊びの場 青少年フェス、準備進む

教育

掲載号:2018年2月23日号

  • LINE
  • hatena
実行委員の学生ら
実行委員の学生ら

 若者が企画する子ども向けの遊びの祭典「川崎市青少年フェスティバル」が3月4日(日)、とどろきアリーナ(中原区)で行われる。開催に向け、実行委員の学生らが準備を進めている。

 公募で集まった若者が一からつくる催しとして今年で23回目。今回は「集まれ笑顔 広がれ元気 ぼくらでつくろうあそびのメモリー」をテーマに、大学生と高校生20人が昨年6月から実行委員として活動している。

 今月14日に多摩区役所で行われた会議では、企画の詳細や事前準備について確認。実行委員長で田園調布学園大学2年の青木春香さんは「とにかく子どもたちを笑顔に。ぜひ楽しんでもらいたい」と話していた。

 当日は午前10時から午後3時30分まで。遊び体験や工作コーナーのほか、ステージパフォーマンス、フリーマーケット、出店などが楽しめる。雨天決行。問合せは市こども未来局【電話】044・200・2669。

多摩区版のローカルニュース最新6

川崎市、ワクチン接種訓練実施へ

【Web限定記事】

川崎市、ワクチン接種訓練実施へ 文化

1月27日 全国自治体で初

1月22日号

生配信、準備進む

たま音楽祭

生配信、準備進む 文化

専大生「若い感覚」で

1月22日号

「フッ化物洗口」市立小へ導入足踏み

【Web限定記事】

「フッ化物洗口」市立小へ導入足踏み 教育

市教委、コロナ対応優先で

1月22日号

介護現場に癒し

介護現場に癒し 社会

「シャボン玉オヤジ」が演出

1月22日号

「自宅で確定申告」発信

「自宅で確定申告」発信 社会

新田ジム・黒田選手ら税務署大使に

1月22日号

救急出動 12年ぶり減少

川崎市

救急出動 12年ぶり減少 社会

軽症少なく、遠因にコロナ

1月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク