多摩区版 掲載号:2018年3月30日号 エリアトップへ

ダルク 集いに130人 薬物依存症、回復へ尽力

社会

掲載号:2018年3月30日号

  • LINE
  • hatena
岡崎施設長
岡崎施設長

 薬物依存症者への治療回復プログラムを行う「川崎ダルク」(岡崎重人施設長)が今月9日、感謝の集いを市総合自治会館で開いた。

 依存症回復に取り組む利用者のほか、来賓として横浜保護観察所や中原区と高津区保護司会の関係者など約130人が参加。NPO法人川崎ダルク支援会の藤原忠興理事長は「本日は川崎ダルクに関わる皆様に参加いただき、感謝申し上げます」とあいさつした。

 高津区更生保護女性会の会員により食事がふるまわれ、スライドショーでの活動報告やダルク利用者の体験談のほか、アトラクションも披露された。岡崎施設長は「イベントを開いたことで、参加者の一体感が強まった。多くの方に支えられていることが実感できてよかった」と語った。

 川崎ダルクは2004年に設立。武蔵新城駅近くに施設を構え、薬物依存症者の回復支援や相談を行う。

多摩区版のローカルニュース最新6

長尾小 全児童に布マスク

【Web限定記事】

長尾小 全児童に布マスク 教育

PTA リレーで手作り

5月29日号

給付金 便乗詐欺に用心

【Web限定記事】

給付金 便乗詐欺に用心 社会

県警、動画で呼びかけ

5月29日号

外出自粛で献血減少懸念

【Web限定記事】

外出自粛で献血減少懸念 社会

センターが協力呼びかけ

5月29日号

それぞれの「見守り」

それぞれの「見守り」 社会

登戸事件1年 多摩署で黙とう

5月29日号

来週から分散登校

地元応援券に要望

市商連

地元応援券に要望 経済

各区の声受け、市へ提出

5月29日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:06更新

  • 5月19日19:24更新

  • 5月15日7:33更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク