多摩区版 掲載号:2018年4月13日号
  • googleplus
  • LINE

明大ら開発 新栽培アスパラ初出荷 市・JA「ブランド化に期待」

経済

「生で食べてもおいしいですよ」と買い物客に説明する、生産者の梅沢さん(右)
「生で食べてもおいしいですよ」と買い物客に説明する、生産者の梅沢さん(右)
 麻生区の黒川地区で育った、新栽培法によるアスパラガスが初めて収穫を迎えた。全国に先駆けて初出荷され、JAセレサ川崎の大型直売所「セレサモス麻生店」で先月から販売。手間がかからない、高い付加価値の生産物として期待が集まる。

 アスパラガスの新栽培法「採りっきり栽培」は、明治大学農学部(東三田)野菜園芸学研究室と民間企業が共同開発。一般的に栽培が難しく、定植から収穫まで通常3年かかるとされる工程を1年に短縮した。初年度に株を養成すると、翌春に全て収穫できる(採りきる)のが特徴だ。

 同研究室の元木悟准教授は「アスパラガスは4月が春収穫の端境期(ハウスものが終わり、露地ものが始まる前)と言われ、出荷量が全国的に減る時期。その時期に『採りっきり栽培』を導入すれば、若茎を大量出荷することができる」と説明する。

 川崎市は都市農業を活性化するため農商工連携事業を進めており、高い付加価値が期待できるアスパラガスの採りっきり栽培に試験的に取り組んでいる。麻生区黒川の17件の農家が協力し、昨年3月に3500株のアスパラガスを植えた。梅沢正廣さん(67)は、アスパラ栽培に挑戦している農家の一人。昨年150株を譲り受け、元木准教授の指導を受けながら育ててきた。今春に初収穫を迎え、JAセレサ川崎の大型直売所「セレサモス麻生店」に先月初めて出荷した。

 梅沢さんは1日50本ほど、約1キロを収穫し、1本25センチくらいの大きさ3本を300円で販売している。5月中旬まで収穫できる見通しだ。「無事に収穫を迎えることができてほっとしている。栽培には手ごたえを感じているので、あとは売れてくれれば」と話す。

 市都市農業振興センターでは販売促進のために、商品用ラベルを用意。「川崎市内産の農産物としてブランド化していきたい。今後も定着するように継続して協力していく」と意気込む。直売所を運営する同JA販売統括センターの松井浩幸センター長は「アスパラは鮮度が命。朝採れのアスパラをぜひ味わってもらいたい」と語る。

多摩区版のトップニュース最新6件

80年超の大太鼓、修復

杉山社

80年超の大太鼓、修復

9月14日号

新・洪水マップ作成へ

川崎市

新・洪水マップ作成へ

9月14日号

伝統の赤で3季目へ

バスケB1サンダース

伝統の赤で3季目へ

9月7日号

川崎から若者文化発信へ

危険6校、9月撤去へ

市立小中ブロック塀

危険6校、9月撤去へ

8月31日号

競技球 川崎F仕様に

フットバッグ石田太志選手

競技球 川崎F仕様に

8月31日号

9/16家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月14日号

お問い合わせ

外部リンク