多摩区版 掲載号:2018年5月11日号
  • LINE
  • hatena

明大農学部研究室 学校給食に新アスパラ 南生田小など2校で「食育」

教育

献立の一つ、地元産アスパラガス入りの野菜のソテー(下)。児童と給食を食べる加藤さん(左)
献立の一つ、地元産アスパラガス入りの野菜のソテー(下)。児童と給食を食べる加藤さん(左)

 明治大学の研究室による新栽培法で育った地元産アスパラガスが、川崎市立小2校の給食に初登場。南生田小(小川俊哉校長)では4月27日、多摩区産が全校児童の献立に盛り込まれ、5、6年生約350人へのアンケート調査も行われた。

 このアスパラガスは、明治大学農学部(東三田)野菜園芸学研究室の元木悟准教授らが開発した、定植から1年で収穫できる「採りっきり栽培」で育てられたもの。同研究室が南生田小、はるひ野小(麻生区)と連携して試験導入が実現した。

 南生田小には27日、同研究室の学生4人と元木准教授、市職員が訪問。アスパラガスを題材にした食育の出前授業が5、6年各5学級を対象に、学生主体で行われた。授業ではアスパラガスの種類や栄養価など特徴を紹介。記述・選択式の事前アンケートで好きな野菜と苦手な野菜、アスパラガスを食べる頻度など、給食後には味の良し悪しと再び食べたいかについて調査した。

 同校5年の秋庭羽空(はく)君(10)は「今までのアスパラは筋があって独特の味だったけど、今日のは甘くて柔らかくておいしかった」と満足していた様子。今回の出前授業を企画した同大4年の加藤綾夏さん(21)は「今後もいろいろな野菜を使って子どもたち向けに食育ができれば」と話した。

 アスパラガスはこれまで市内でほとんど栽培されていなかったが、昨年から麻生区の黒川地区で試験的に栽培。今春に初出荷された。元木准教授によると、来年には市内の栽培農家が60件を超える見込みだという。「アスパラガスは一般的にあまり好まれていない傾向だったが、今回の調査で子どもたちの受けがよければ、新しい川崎ブランドの野菜として取り入れていく可能性がある」と展望を語った。

多摩区版のトップニュース最新6件

「市民創発」施設 検討へ

多摩区

「市民創発」施設 検討へ

4月19日号

川崎初の世界王者へ

新田ジム黒田選手

川崎初の世界王者へ

4月19日号

ひとり親家庭も対象に

生活保護学習支援

ひとり親家庭も対象に

4月12日号

公明・河野氏がトップ

多摩区市議選

公明・河野氏がトップ

4月12日号

東地区に新たな玄関口

生田緑地整備方針

東地区に新たな玄関口

4月5日号

家庭ごみ回収に民間力

川崎市

家庭ごみ回収に民間力

4月5日号

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月12日0:01更新

  • 4月5日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月19日号

お問い合わせ

外部リンク