多摩区版 掲載号:2018年8月17日号
  • LINE
  • hatena

「食中毒、気をつけて」 区食品衛生協会 登戸駅で啓発

社会

オレンジ色のたすきをかけ、啓発チラシとテイシュを配布
オレンジ色のたすきをかけ、啓発チラシとテイシュを配布

 多摩区食品衛生協会(小出善茂会長)による、夏季の食中毒予防を呼びかける「食生活の安全キャンペーン」が8月6日、JR登戸駅の改札前付近で行われた。

 食品管理の意識向上を掲げ、厚生労働省や都道府県が取り組む「食品衛生月間」にちなみ、例年企画されている啓発運動。加熱不足や生食による鶏肉料理が原因の「カンピロバクター食中毒」をはじめ、食品の保存や調理への注意を市民に促している。

 当日は同会役員や会員店の従業員、区衛生課の職員ら約20人が参加。食中毒予防の要点をまとめた啓発チラシとティシュ900セットを通行人に配布しながら、注意喚起した。併せて、デング熱など蚊が媒介する感染症予防も同時に訴えた。

 区内の飲食店など約410店が加盟する同会。小出会長は「猛暑で体が弱っているときは食中毒になりやすい。食品が傷みやすい時季なので、生肉には特に気をつけてほしい」とコメントした。

多摩区版のローカルニュース最新6件

NPO法人 川崎寺子屋食堂

【生徒募集説明会最終】3/24(日)10時~詳細は☎044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月22日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

  • 3月8日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

古民家と桜、照らして

古民家と桜、照らして

30、31日 ライトアップ

3月30日~3月31日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク