多摩区版 掲載号:2018年11月30日号 エリアトップへ

東菅小 公開授業に400人超 21日、県小学校理科大会

教育

掲載号:2018年11月30日号

  • LINE
  • hatena
6年2組で「科学と人間性」の授業を行う渡邉信二教諭(中央)
6年2組で「科学と人間性」の授業を行う渡邉信二教諭(中央)

 県小学校理科教育研究大会が11月21日、菅馬場の市立東菅小学校(葉倉朋子校長)で行われ、県内公立校の教職員ら400人以上が参加。3年から6年、9学級の授業が公開され、同校が研究主題とする「思考力育成」を軸に学習指導案が示された。

 県小学校理科研究会(小川俊哉会長/市立南生田小校長)が主催する同大会は、1979年に開始。川崎地区、横浜地区など県内6ブロックのいずれかの公立小で毎年開かれており、40回目の今年は5年ぶりの川崎地区大会となった。

 21日は各地区校による発表と協議を経て、開催校として東菅小が「理科における思考力育成〜資質・能力を育成するための単元の系統性」と題した研究主題を発表した。

 公開授業では3、4、6年が2学級ずつと5年が3学級で実施。5年は植物の発芽と水耕栽培、6年は土地のつくりと変化、科学と人間性についての授業が行われた。

 渡邉信二教諭による6年2組の授業は、研究不正(ミスコンダクト)に焦点を当てた「科学と人間性」。盗用や改ざんなどの不正行為がなぜ起こるのかについて、児童が議論の進行役を務めて意見を交換し合った。各自の考えを発表したほか、他者の意見への賛同を表明する場面も。渡邉教諭は「ここで学んだ本質を、今後どの場面で活用できるかが重要」と語った。

 東菅小は市教委が指定する思考力育成推進校として5年目、理科教育推進校として3年目を迎えるほか、国立教育政策研究所の理科授業実践協力校にも指定されている。2020年の新しい学習指導要領実施を控え、葉倉校長は「受け身から児童主体の授業づくりを目指し、全職員で試行錯誤しながらここまで来られた」と振り返り、「人間性があって、科学の発展、未来の生活につながる」と思いを語った。

 県研究会の小川会長は「今大会を通じて、新しい理科教育のあり方や考える力について議論が深まった」と期待を込めた。

多摩区版のトップニュース最新6

保留児童、市内最多に

多摩区

保留児童、市内最多に 社会

市全体は4年連続減少

5月20日号

隠れた名所や魅力募る

菅町会70周年

隠れた名所や魅力募る 文化

記念誌制作へ、参加型企画

5月20日号

50周年 次代への一歩

多摩区

50周年 次代への一歩 社会

記念式典に200人集結

5月13日号

山ちゃんの魂、脈々と

おさかなポストの会

山ちゃんの魂、脈々と 社会

一周忌 多摩川でお別れ会

5月13日号

区PR動画、協力求む

ワガママSUNバンド

区PR動画、協力求む 文化

50周年企画でクラファン

5月6日号

来春開業、協議重ねて

フロンタウン生田

来春開業、協議重ねて スポーツ

多目的広場 「利用調整会」 発足へ

5月6日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】5月16日9:10オープン ポラリス「Sアイムジャグラー」増台

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook