多摩区版 掲載号:2019年1月18日号 エリアトップへ

「新年のつどい」に185人 多摩区 各界代表者が交流

社会

掲載号:2019年1月18日号

  • LINE
  • hatena
鏡開きで開宴(右)。川崎新田ジムの黒田選手、古橋選手も登場(下)
鏡開きで開宴(右)。川崎新田ジムの黒田選手、古橋選手も登場(下)

 多摩区ゆかりの法人や団体、行政機関などの代表者が一堂に集まる恒例の「新年のつどい」が1月10日、登戸の日本料理柏屋で開催された。主催は多摩区社会福祉協議会(田村弘志会長)、多摩区町会連合会(古谷欣治会長)。

 招待を受けた地元団体や法人、学校の関係者や地元選出議員、歴代区長らが集結。区総務課によると185人が参加した。

 主催者代表として区社協の田村会長は「老人会をはじめ高齢者が経験を生かし、地域貢献に励んでほしい。我々を支えてくれる次世代の子どもたちを、各団体で助け合いながらしっかり育てていく」とあいさつ。石本孝弘区長は多摩区の課題に少子高齢化を挙げ、「市民創発で持続可能な暮らしやすいまちづくりを進めていく。希望に満ちあふれた素晴らしい一年になるように、みんなで力を合わせて一つひとつ課題解決に取り組む」と語った。鏡開きの後に乾杯で懇談が始まり、参加者同士で交流を深めた。

 この日は川崎新田ボクシングジム(新田渉世会長)から、日本フライ級王者でWBA世界フライ級1位の黒田雅之選手と、OPBFスーパーバンタム級シルバー王者の古橋岳也選手が壇上であいさつ。同ジムは黒田選手の世界タイトル戦を今春に見据え調整を進めており、「多摩区登戸から世界チャンピオンになる」と思いを語った。

多摩区版のローカルニュース最新6

成人式、宣言下で敢行

川崎市

成人式、宣言下で敢行 社会

会場参加は前年比4割減

1月15日号

級友39人 聖マリに感謝

百合高

級友39人 聖マリに感謝 教育

寄せ書き、医療従事者へ

1月15日号

スケッチ個性溢れ

スケッチ個性溢れ 文化

せせらぎ館

1月15日号

医療現場に物資寄贈

医療現場に物資寄贈 社会

川崎西北RC、マスクほか

1月15日号

原さん、舞台で肉体美

川崎市出身 ジャニーズJr.

原さん、舞台で肉体美 文化

1月15日号

スポセン時間短縮

スポセン時間短縮 スポーツ

午後8時まで

1月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク