多摩区版 掲載号:2019年1月18日号 エリアトップへ

専大学生らグループ 「VRゲーム体験して」 日本科学未来館に出展

文化

掲載号:2019年1月18日号

  • LINE
  • hatena
生田キャンパスで打ち合わせする大内さん(左上)とメンバー
生田キャンパスで打ち合わせする大内さん(左上)とメンバー

 専修大学(東三田)の学生を中心にした大学生グループ「おもちゃLABO(ラボ)」が2月2、3日、東京の日本科学未来館に出展する。VR(仮想現実)を駆使したゲームや映像表現を体感してもらおうという企画で、メンバーが準備を進めている。

 今回の出展はVRと2次元(2D)を組み合わせ、「テトリス」を応用した自作の対戦ゲームをはじめ、プロジェクター4台を使った映像表現、キャラクターが立体的に浮かび上がる投影など。プログラミングの技術などはメンバーのほぼ独学で、機材や装置は材料を持ち寄って作るほか、企業に借りているという。

 専修大学商学部4年で、おもちゃLABO代表の大内愛未(まなみ)さん(23)=登戸在住=は「一般のVRゲームは1回千円くらい料金がかかるので、若い人には敷居が高い。気軽に体験して、日本の先端技術に興味をもってもらえれば」と思いを語る。

 大内さんと同大ネットワーク情報学部2年の重野天太さん(20)が昨年6月に設立した同団体には、18人が所属。同大生田キャンパスを拠点に活動している。生田キャンパスで開催された昨年11月の鳳祭では、1回300円で遊べるVRを使ったゲームを出展し、2時間待ちで整理券を配るほどの反響だったという。「ゲームの待ち時間も映像や音楽を融合した展示を楽しめるよう、今回は趣向を凝らす」と大内さん。今後は「多摩区のまちづくりにも積極的に関わりたい」と意欲的だ。

 展示・体験会の会場は日本科学未来館7階のコンファレンスルーム火星・水星で、体験無料(入館料別途)。出展内容や同団体の詳細情報はウェブサイト(【URL】https://toylabo.tech/)。

昨年の鳳祭に出展したVRと2Dのゲーム=大内さん提供
昨年の鳳祭に出展したVRと2Dのゲーム=大内さん提供

多摩区版のトップニュース最新6

市内は減少傾向か

運転免許自主返納者

市内は減少傾向か 社会

川崎独自の後押しは未定

5月24日号

垣根超え、集いの場始動

枡形3町会

垣根超え、集いの場始動 社会

助け合いの関係づくりへ

5月24日号

水飲み場「耐震」53校に

市立小中

水飲み場「耐震」53校に 社会

全校、23年度完了へ

5月17日号

世界王座 奪取ならず

川崎新田ジム黒田選手

世界王座 奪取ならず スポーツ

6年ぶり挑戦、判定負け

5月17日号

墨書の大役、長沢で祈願

「令和」揮毫(きごう)茂住さん

墨書の大役、長沢で祈願 文化

諏訪社に毎月参拝、当日も

5月1日号

駅前南口、今年度着手へ

登戸区画整理事業

駅前南口、今年度着手へ 経済

駅西側 住民ら活動進む

5月1日号

乗客増へ周知強化

長尾台コミバスあじさい号

乗客増へ周知強化 経済

1便平均 「4.7人」めざす

4月26日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

写真にみる日本の伝統

写真にみる日本の伝統

岡本太郎美術館で企画展

4月27日~6月30日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク