多摩区版 掲載号:2019年3月22日号 エリアトップへ

市農業技術支援センター のらぼう菜に新品種 県内市町村初 農業振興へ

経済

掲載号:2019年3月22日号

  • LINE
  • hatena
センターで育成中の新品種を手にする古山さん
センターで育成中の新品種を手にする古山さん

 菅地区を中心に栽培される伝統野菜「のらぼう菜」の新品種が農林水産省に2月、品種登録された。市農業技術支援センター(菅仙谷)が10年以上の研究を重ねて育成したもので、農産物としての登録は神奈川県の市町村で初。市内農家への普及も視野に、市は農業活性化につなげたい考えだ。

 「川崎市農技1号」の名称で登録された新品種は、アブラナ科に属する「のらぼう菜」から生まれたナバナの一種。従来のものに比べて、葉や茎にツヤと光沢があるのが特徴だという。

 のらぼう菜の収穫期や収量について2006年から調査を始めた同センターで、職員の古山和弘さん(51)が葉に光沢のある苗に着目し、育成を開始。自家受粉で種子を採取しながら改良を重ねた結果、形質が安定したため、2年前に品種登録を出願していた。

 新品種について、古山さんは「のらぼう菜と同様、糖度は7から8度くらいで甘みがある。光沢があり束ねたときに見栄えがいい」と説明する。市は今後、試食会などを経て愛称を決める方針。同センターでは来季2月以降の収穫開始に向けて新品種を育成し、市内農家に種子や苗を配布したいとしている。「ここ(川崎)でしか買えない野菜になれば新しい価値になり得る。市内で頑張っている生産者の後押しになれば」と期待を込める。

 市が昨年発表した17年度の農業実態調査によると、のらぼう菜の年間収穫量は多摩区の約5・5トンを筆頭に市内で約13トンにのぼる。川崎区、幸区を除く5区で栽培されており、作付面積は延べ約3・3ヘクタール。JAセレサ川崎の直売所「セレサモス」麻生店と宮前店で、出荷者として登録されている農家は合わせて151件ある。

従来の「のらぼう菜」
従来の「のらぼう菜」

多摩区版のトップニュース最新6

川崎時代、糸口つかむ

ノーベル賞吉野氏

川崎時代、糸口つかむ 経済

82年 「空白の時間」に発見

10月18日号

機能・役割 検証へ

市立・公的医療8施設

機能・役割 検証へ 社会

井田病院、国から「議論必要」

10月18日号

キャッシュレスに賛否

多摩区商連

キャッシュレスに賛否 経済

導入伸びず、「様子見」多数

10月11日号

市立校、半年で320万円

学校ふるさと応援寄附金

市立校、半年で320万円 教育

市民から周知不足指摘も

10月11日号

菅住宅地、51位が7位に

基準地価上昇率 登戸も高騰

菅住宅地、51位が7位に 社会

10月4日号

川崎F(フロンターレ)が整備・運営へ

生田浄水場用地

川崎F(フロンターレ)が整備・運営へ 社会

市、22年 新施設完成めざす

10月4日号

南房総に支援物資

多摩区有志

南房総に支援物資 社会

トカイナカ 西山さんら結束

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク