神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

「あさおSDC」が始動 8つの機能で課題解決へ

社会

公開:2024年5月10日

  • X
  • LINE
  • hatena
SDCカーの前で笑顔を見せる俵代表(左から2番目)と運営メンバー
SDCカーの前で笑顔を見せる俵代表(左から2番目)と運営メンバー

 麻生区は4月29日、区域全体で連携し新たな取り組みや価値を生み出す活動を支援する「麻生区ソーシャルデザインセンター」(あさおSDC)を開設した。人材育成など8つの機能を柱に、まちの課題解決に向け尽力していく。

 SDCは、川崎市のコミュニティー施策の一環。地域の団体や資源をつなぐ中間支援機関としての役割が期待される。

 麻生区では2020年1月から「あさお希望のシナリオプロジェクト」と題しワークショップの実施や区内施設・団体の視察を重ね、SDCに必要な機能や事業を検討してきた。今回、4年の歳月を経て開設に至った。

 運営は学生から80代までの36人。同プロジェクトのメンバーが中核を担う。麻生区役所とも協力しながら、各自が興味のある事業を担当し、実現に向け動くという。今後は問題に対して適切にアドバイスができる「コーディネーター」の育成にも取り組んでいく。

 同SDCが備える機能は「新たな参加を促す」「情報収集・提供」「既存団体間のネットワーク構築」「コーディネート・マッチング」「オンラインでの関係づくり」「人材育成」「相談・活動支援」「調査・研究」の8つ。例えば、相談型事業として、住民同士の居場所や交流の場をつくるための出張型窓口「SDCカー」を実施する。ほかにも、地域人材の経験を聞き、新たなつながりの創出、まちづくりへの参加を促す「100人カイギ」などを具体的な事業として行う方針だ。

 同日、SDCの開設を記念して、麻生区役所前広場などで「まちのひろば祭り」と題した住民や団体が交流できるイベントを同プロジェクトの主催で実施。約3千5百人が会場を訪れた。あさおSDCの代表を務める俵隆典さんは「4年間の中で継続してきたことに磨きをかけながら活動していきたい。自分も楽しみながら、長くまちづくりに携わっていけたら」と意気込みを語った。

 今回の開設により、SDCは市内全7区で展開されることになった。

多摩区・麻生区版のトップニュース最新6

創部初 県内クラブを制す

中学軟式野球麻生BC

創部初 県内クラブを制す

全国出場かけ明日決戦

6月14日

創業支援で活性化図る

川崎市

創業支援で活性化図る

多摩区で2店がスタート

6月14日

自由通路が全面開通

JR稲田堤駅

自由通路が全面開通

南北からアクセス可能に

6月7日

食品購入費も対象に

町会応援補助金

食品購入費も対象に

会員の声受け、制度改正

6月7日

走る風景 未来へつなぐ

新百合ヶ丘鉄道模型クラブ

走る風景 未来へつなぐ

楽しく20年 地域にも展開 

5月31日

定員充足率 依然達せず

多摩と麻生両消防団

定員充足率 依然達せず

高齢化が課題 PR模索 

5月31日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

多摩区・麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

多摩区・麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook