多摩区版 掲載号:2019年4月12日号 エリアトップへ

本紙インタビュー 青年部設置「7月末までに」 山田商議所会頭

文化

掲載号:2019年4月12日号

  • LINE
  • hatena

 川崎商工会議所の山田長満会頭は今月5日、タウンニュース社のインタビューに応じた。今年度の目玉事業である青年部設置について、7月末までに完了させていきたい考えを示した。

 山田会頭は青年部設置の意義について、「他都市の商工会議所との交流とビジネスのチャンスの拡大、地域経済の発展にある」と強調した。

 また、「横浜、東京の中心、人口1800万人の中心にあるのが、川崎だ。羽田空港にも隣接し、国際郵便局や川崎港もある。青年経営者が世界的視野で活躍できる場が川崎だ」と、立地の優位性も設置の理由の一つに挙げた。その上で「マイクロソフトを設立したビル・ゲイツやフェイスブックを創設したマーク・ザッカーバーグ、アップル社を創業したスティーブ・ジョブスのように、イノベーションは小さなアイデアから生まれている。世界的な大企業が川崎商工会議所の青年部から誕生することを期待したい」とも語った。そして、若手経営者の活躍次第で「現在の川崎市経済のGDP約6兆円を、7兆円に拡大することができる」と述べた。

 今後のスケジュールについては、5月中に準備委員会を立ち上げ、青年部の設置を進めていきたい考えを示した。

 対象年齢は20歳から55歳以下を想定し、初年度は200人程度の参加を期待する。同商議所には現在、55歳以下の若手経営者らで構成させる「少壮経済人懇談会」があるが、山田会頭は「同懇談会が組織の核となり、活躍していただきたい」と語った。

※※※

 今年度の川崎商工会議所が計画する事業は青年部設置のほか、女性会の創立50周年記念事業、商議所創立80周年(2020年)記念事業準備、事業承継、キャッシュレス決済導入・推進の支援、消費税軽減税率・転嫁対策相談窓口の設置、働き方改革への支援などに取り組む。

多摩区版のローカルニュース最新6

等々力、一緒に「明日も」

等々力、一緒に「明日も」 文化

SHISHAMO 川崎Fホーム戦でライブ

5月24日号

非常ボタン「存在知って」

非常ボタン「存在知って」 社会

踏切事故ゼロへ、操作体験

5月24日号

義母の介護、漫画に

東三田在住なとみさん

義母の介護、漫画に 文化

『ばあさんとの愛しき日々』

5月24日号

新旧区長に期待と感謝

新旧区長に期待と感謝 社会

交流会、団体会長ら66人

5月24日号

広報誌、料理に例えて

広報誌、料理に例えて 教育

区PTA 55人が研修

5月24日号

新指揮官に佐藤氏

川崎BT

新指揮官に佐藤氏 スポーツ

北氏はGM就任

5月24日号

写真にみる日本の伝統

写真にみる日本の伝統 文化

岡本太郎美術館で企画展

5月24日号

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

写真にみる日本の伝統

写真にみる日本の伝統

岡本太郎美術館で企画展

4月27日~6月30日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク