多摩区版 掲載号:2019年4月26日号 エリアトップへ

川崎漁協 子ども100人とアユ放流 せせらぎ館で初企画

社会

掲載号:2019年4月26日号

  • LINE
  • hatena
アユの稚魚をバケツに入れる子どもたち
アユの稚魚をバケツに入れる子どもたち

 二ヶ領せせらぎ館(宿河原)そばの多摩川河川敷で4月20日、川崎河川漁業協同組合によるアユの放流体験が行われた。子ども向けの体験は同会場では初めて。バケツやホースで約4千匹の稚魚を放流した。

 同組合では繁殖事業の一つとして、毎年4月中旬にアユの放流を実施。高津区宇奈根付近のほか、せせらぎ館近くで放流を続け、同館の水槽にも展示してきた。今回、同館を運営するNPO法人多摩川エコミュージアム(松井隆一代表理事)が子ども向けの体験企画を提案。組合の厚意で、自然体験の場を提供する「かわさき水辺の楽校」の番外編として実現した。

 当日は近隣保育園の園児や小学生など約100人に加え、父母ら150人近くが参加。手や網で稚魚をバケツに移し、多摩川に流した。参加した宇津木麻央さん(11)は「アユを触るのは初めて。元気にたのもしく育ってほしい」と話していた。

 同組合ではこの日、計2万4千匹を多摩川に放流。竹仲密昭組合長は「今年の稚魚は大きく、多摩川で20〜30センチに成長する。見守っていってほしい」と思いを話した。同NPOの五十嵐豊さんは「予想より多くの親子が参加。来年も開催できたら」と期待を寄せた。

 稚魚は、せせらぎ館内の水槽にも約100匹展示。7月には、水辺の楽校で投網による「鮎とり体験」を企画している。

多摩川へアユを放流
多摩川へアユを放流

多摩区版のトップニュース最新6

ARスポット9カ所に

多摩区

ARスポット9カ所に 経済

登戸・遊園駅周辺 「回遊を」

6月21日号

救う会が募金開始

心臓病・多摩区南美ちゃん

救う会が募金開始 社会

渡米移植へ、2億8千万円

6月21日号

洋式化、22年度完了へ

市立学校全トイレ

洋式化、22年度完了へ 教育

多摩区内5校で着工

6月14日号

等々力で千人と「OH!」

SHISHAMO

等々力で千人と「OH!」 文化

ロッテ新CM 広瀬すず共演

6月14日号

入居募集 年4回に拡充

川崎市営住宅

入居募集 年4回に拡充 社会

市、「空き部屋」活用へ本腰

6月7日号

毎月28日、忘れぬ日に

多摩区

毎月28日、忘れぬ日に 社会

「子ども見守りの日」 結束へ

6月7日号

自主活動30年に光

読み聞かせMENDORI

自主活動30年に光 教育

県図書館協会から表彰

5月31日号

あっとほーむデスク

  • 6月21日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

夏の多摩川楽しんで

夏の多摩川楽しんで

7月7日 水辺交流会

7月7日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク