多摩区版 掲載号:2019年4月26日号 エリアトップへ

川崎漁協 子ども100人とアユ放流 せせらぎ館で初企画

社会

掲載号:2019年4月26日号

  • LINE
  • hatena
アユの稚魚をバケツに入れる子どもたち
アユの稚魚をバケツに入れる子どもたち

 二ヶ領せせらぎ館(宿河原)そばの多摩川河川敷で4月20日、川崎河川漁業協同組合によるアユの放流体験が行われた。子ども向けの体験は同会場では初めて。バケツやホースで約4千匹の稚魚を放流した。

 同組合では繁殖事業の一つとして、毎年4月中旬にアユの放流を実施。高津区宇奈根付近のほか、せせらぎ館近くで放流を続け、同館の水槽にも展示してきた。今回、同館を運営するNPO法人多摩川エコミュージアム(松井隆一代表理事)が子ども向けの体験企画を提案。組合の厚意で、自然体験の場を提供する「かわさき水辺の楽校」の番外編として実現した。

 当日は近隣保育園の園児や小学生など約100人に加え、父母ら150人近くが参加。手や網で稚魚をバケツに移し、多摩川に流した。参加した宇津木麻央さん(11)は「アユを触るのは初めて。元気にたのもしく育ってほしい」と話していた。

 同組合ではこの日、計2万4千匹を多摩川に放流。竹仲密昭組合長は「今年の稚魚は大きく、多摩川で20〜30センチに成長する。見守っていってほしい」と思いを話した。同NPOの五十嵐豊さんは「予想より多くの親子が参加。来年も開催できたら」と期待を寄せた。

 稚魚は、せせらぎ館内の水槽にも約100匹展示。7月には、水辺の楽校で投網による「鮎とり体験」を企画している。

多摩川へアユを放流
多摩川へアユを放流

多摩区版のトップニュース最新6

生田緑地の新看板制作

向の岡工高生徒8人

生田緑地の新看板制作 社会

北側入り口「長者穴口」に設置

1月22日号

「調布町」の基標 設置

下布田小

「調布町」の基標 設置 教育

小川米夫さんと歴史継承

1月22日号

給食献立案が市長賞

菅中3年井熊さん

給食献立案が市長賞 教育

「午後も元気に」思い込め

1月15日号

「SDGs」 掲示から始動

多摩区内5商店会

「SDGs」 掲示から始動 経済

店頭にポスター、意識向上へ

1月15日号

「新様式」 対応へ結束強め

「新様式」 対応へ結束強め 政治

荻原区長 新年に意気込み

1月8日号

新たに区内16件決定

市地域文化財

新たに区内16件決定 文化

第3回 で計44件 市内最多に

1月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク