多摩区版 掲載号:2019年6月14日号 エリアトップへ

生田浄水場 有効利用へ意見交流 事業者公募、今月末まで

社会

掲載号:2019年6月14日号

  • LINE
  • hatena
約30人が集いに参加
約30人が集いに参加

 生田浄水場用地の有効利用について、川崎市上下水道局と地域住民との「意見交流の集い」が6月4日、生田浄水場内の事務所で開かれた。同局職員と区民ら約30人が集まり、意見を交わした。

 生田浄水場は、長沢浄水場に機能を集約させるため2016年に閉鎖。同年、整備計画に基づきスポーツ広場等の整備を行う民間事業者の公募を行ったが、応じる事業者はなかった。以降も住民向けの説明会や意見交流会が重ねられてきた。

 市上下水道局は整備計画を今年3月に改定し、今月28日までの期限で事業者を再公募。改定版ではグラウンドやテニスコートの整備について制限を緩和し、スポーツ施設の用途に幅を持たせた。

 今回の交流会では、改定後の整備計画について説明があった後、意見を交換。地域住民からは「市内に子どもが遊べる場が少ない、さまざまな体験ができる場にしてほしい」「民間事業者の整備エリアにも無料で集える場をつくってほしい」など、多数の声が挙がった。

 市上下水道局は「実際には事業者の提案で整備内容が決まってくる。決定後も業者任せにせず、局として働きかけていきたい」と説明。交流会を企画した(仮称)生田浄水場用地の有効利用を考える会の上山順光さんは「局とはこの間、何回かやり取りをしてきた。今後も機会を設けてもらえたら」と話していた。

 同局は事業者が決定し次第、改めて住民説明会を開催するとしている。

多摩区版のローカルニュース最新6

多摩川に咲く 夏の大輪

多摩川に咲く 夏の大輪 文化

狛江花火 川崎側に5万人

8月23日号

柔らかな光、二ヶ領に

宿河原灯籠流し

柔らかな光、二ヶ領に 文化

稲中美術部 竹明かりも

8月23日号

交通安全願い、折鶴500羽

多摩区老連

交通安全願い、折鶴500羽 社会

女性部 今年も区へ寄贈

8月23日号

「防災、楽しく学ぼう」

「防災、楽しく学ぼう」 社会

9月1日 下布田小で区訓練

8月23日号

美術館で夜のひと時

美術館で夜のひと時 文化

30日 TAROナイト

8月23日号

バザー出品多摩消防へ

バザー出品多摩消防へ 社会

9月末まで

8月23日号

登戸巡り梨狩りも

登戸巡り梨狩りも 社会

9月6日

8月23日号

あっとほーむデスク

  • 8月23日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク