多摩区版 掲載号:2019年6月28日号 エリアトップへ

登戸土地区画整理 「北向(きたむき)地蔵」光明院へ 遷座供養に住民ら40人

文化

掲載号:2019年6月28日号

  • LINE
  • hatena
移転前の北向地蔵(左)と馬頭観音
移転前の北向地蔵(左)と馬頭観音

 登戸駅の西側、駅前商店街を抜けて旧津久井道に出る道の角に鎮座する「北向地蔵」と「馬頭観音」。登戸土地区画整理事業に伴い、600メートルほど離れた光明院(登戸1253)への移転が決まり、6月18日には移転遷座の供養が行われた。

 「子育て地蔵」として地域で親しまれてきた北向地蔵は、江戸時代の1757年に建立。北の方角を向いた地蔵は全国的にも珍しく、昭和の初めまで地元の佐伯釣具店に置かれた後、吉田会計事務所に移った。道路の改修などを理由に1931年、馬頭観音(1827年建立)とともに現在の場所へ移転。1966年には地元地権者や有志が奉賛会を立ち上げ、浄財によって屋根や外柵が整備されてきた。

 土地区画整理が進むと同時に奉賛会の高齢化もあり、移転の話は以前から出ていたという。「役所や個人宅など移転先を検討したが、管理の継続が課題だった」と同事業担当者。そこで、奉賛会が光明院に受け入れを打診。道路の拡幅工事が始まる7月を前に、移転が決まった。

 供養には周辺住民や区画整理の関係者ら約40人が参加。光明院の森崇峻副住職が執り行い、「皆さんが見やすい本堂の目の前に移る。またお参りにきてください」と語りかけた。石像のもとに花を供え続けてきた地元住民の松浦サト子さん(71)は、「小さいころからずっと見てきた。迎え入れてくれる光明院さんに、本当に感謝している」と思いを語った。

 供養を終え、屋根や柵はすでに解体。今後は、はす向かいの吉澤石材店で一時的に管理し、光明院へ移転する。同石材店代表の吉澤光宏さん(54)は、「毎日のようにお参りされている方も多かった。残念だが、大切に移転したい」と話していた。

遷座供養に参列した近隣住民ら
遷座供養に参列した近隣住民ら

多摩区版のトップニュース最新6

実施校 目標の3分の1

川崎市寺子屋

実施校 目標の3分の1 教育

計画7年目、新設進まず

7月3日号

生田緑地 区域変更へ

遊園跡地都市計画

生田緑地 区域変更へ 経済

説明会に50人超、意見交換

7月3日号

レジ袋有料化で転機

商店会エコポイント

レジ袋有料化で転機 経済

新たに「SDGs」啓発へ

6月26日号

熱中症・コロナ 対策両立を

熱中症・コロナ 対策両立を 社会

市、ツイッターで注意喚起

6月26日号

枡中・稲中 初の合同開講

川崎市寺子屋

枡中・稲中 初の合同開講 教育

15日に活動再開、一番乗り

6月19日号

向ヶ丘店 9月末閉店

ダイエー

向ヶ丘店 9月末閉店 経済

「再出店」へ調整、計画は未定

6月19日号

きっとスマイルこどもクリニック

多摩区南生田・百合丘高校そば 7月1日(水)開院予定/6月28日(日)内覧会

https://kittosmile.kodomogenki.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク