多摩区版 掲載号:2019年7月5日号 エリアトップへ

認可・認定保育施設 「園庭なし」4割超 市、公園混雑に「対策探る」

社会

掲載号:2019年7月5日号

  • LINE
  • hatena
公園で遊ぶ園児ら(中原区)
公園で遊ぶ園児ら(中原区)

 川崎市内の認可保育所、川崎認定保育園のうち、敷地内に園庭のない施設が4割超に上ることが分かった。市は近隣の公園を園庭代わりとして認めているが、駅周辺の公園などは園児らで混雑し、園側は外遊び場の確保に頭を悩ませている。市も具体的な対策を見出せていない状況だ。

 国の設置基準を満たす認可保育所は市内に369施設あり、うち「園庭なし」は108施設。市独自で設置基準を定める認定保育園では、129施設のうち9割近い113施設が外遊びの場を近隣の公園に頼っている。施設の設置条件として、認可・認定とも「2歳以上の幼児1人につき、3・3平方メートル以上の園庭が必要(公園などの代替場所も含む)」と定めている。しかし、地域によっては土地が限られ敷地内での園庭確保は難しいという。

 また、公園が混雑している背景には保育施設の増加もある。市は、希望の保育所等に入れない「待機児童」を解消しようと、ここ数年で保育施設を増設。今年4月1日時点の認可・認定合わせた数は、5年前の348施設の約4割増となる498施設となっている。

利用法「話し合いを」

 中原区内で100人以上の園児を受け入れている認定保育園の園長は、「保育所が密集している地域では一つの公園に数施設の園児が集まることは日常」と話す。同園は複数の公園に分散させるなどして対応しているというが、引率する保育士の確保やトイレのない公園の回避など、対策は容易ではないという。川崎認定保育園協議会の本間哲也会長は「駅周辺の公園は特に混雑が激しい。どう公園を利用するかは、行政、保育施設、住民とで話し合っていく必要があるのでは」と訴える。

 市は来年4月に新設予定の認可保育所10施設のうち、9施設で園庭を整備する方針という。担当者は「今後も事業者に園庭設置を働きかけていく」と話す。一方、公園が混雑している現状について市は「公園利用は施設間の情報交換に委ねている状況。今後は区ごとに対策を検討していくことも考えたい」としている。

多摩区版のトップニュース最新6

「サイダー」 中野島から躍進

お笑いコンビ

「サイダー」 中野島から躍進 文化

8月末、初の単独ライブ

8月23日号

千人減 早期入居に成果

特養申請者

千人減 早期入居に成果 社会

市、窓口一本化で「見える化」

8月23日号

「休み明け、悩める子に手を」

「休み明け、悩める子に手を」 教育

自死遺族団体 18日シンポ

8月16日号

食中毒、市内40人超

食中毒、市内40人超 社会

多摩区食協 登戸駅で啓発

8月16日号

「未来都市」に川崎市

国連SDGs

「未来都市」に川崎市 社会

環境施策、将来性など評価

8月9日号

「登る」魅力 次世代へ

川崎市山岳協会

「登る」魅力 次世代へ スポーツ

中野島で7回目、体験教室

8月9日号

NPO協力で障害者支援

県タクシー協会川崎支部

NPO協力で障害者支援 社会

UD車両普及を後押し

8月2日号

あっとほーむデスク

  • 8月23日0:00更新

  • 8月9日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月23日号

お問い合わせ

外部リンク