多摩区版 掲載号:2019年8月2日号 エリアトップへ

多摩区SDC 開設案、「幸せなまち」掲げ 総合庁舎1階、年度内に

社会

掲載号:2019年8月2日号

  • LINE
  • hatena
フォーラムで意見交換
フォーラムで意見交換

 地域の新しい活動や価値を生み出す基盤施設「ソーシャルデザインセンター」(SDC)の開設に向け、多摩区は中間案をとりまとめ、先月末に発表。「みんなが認め合い力を合わせて、みんなが幸せなまちをつくる」を理念とし、年度内に区総合庁舎1階にSDCを開設する方針を盛り込んだ。

 川崎市が策定した「これからのコミュニティ施策の基本的考え方」に基づき、多摩区は4月に検討会を設立。「市民創発」の視点から、公募で集まった委員21人で始動した。月2回の会議に加え、具体的な取り組み内容などについて小グループでの打ち合わせも実施。委員は7月時点で32人に増え、議論を重ねてきた。

 多摩区におけるSDCの方向性を示す今回の開設案では、多様な資源を活用した区民主体のまちづくりを目指し、SDCに必要な機能を提示。活動の土壌づくりや専門的支援、情報発信など9項目を挙げ、具体的な取り組みのアイデアもまとめられた。開設場所は、3月に閉店した区総合庁舎1階の「ふれあいショップせきれい」跡地が望ましいとし、将来的な移転も視野に入れた。

85人、意見交わす

 開設案の公表にあたり、7月28日には区役所でフォーラムを開催。区民ら85人が10グループに分かれ、開設案について意見を交わした。各班の発表では「運営を担う人材育成が課題」「どの機能から着手するかがポイントになる」など、多様な考えが挙がった。多摩区の荻原圭一区長は「情報発信や活動資金など、いくつかキーワードがあった。引き続き意見をもらいたい」と呼びかけた。

 検討委員の一人、粕谷充子さんは「委員以外のさまざまな意見を聞き、日頃気が付かなかったことに考えを膨らませられた」と手応えを強調。同じく委員で、NPO法人アイゼンの井坂資弘さんは「頻繁に会議を重ね、まずまとまったという段階。今後は運営をどうしていくかが一番大変だと思う」と先を見据えた。

 区は8月30日まで、一般に意見を募集。開設案はウェブサイトや区企画課、生田出張所、多摩図書館で閲覧できる。今後は意見を踏まえ、検討会を継続。区企画課は「来年2月ごろの開設を目指す」と話している。

多摩区版のトップニュース最新6

20年ぶり計画改定へ

小沢城址緑地保全

20年ぶり計画改定へ 社会

「里山の会」意見交わし

11月27日号

区内13カ所に差別落書き

区内13カ所に差別落書き 社会

三田第4公園ベンチなど

11月27日号

操縦士 昼夜2人体制へ

川崎市消防ヘリ

操縦士 昼夜2人体制へ 社会

国基準、段階的に増員

11月20日号

20年前と未来、思う

子ども会稲田部会

20年前と未来、思う 教育

70周年でタイムカプセル

11月20日号

にぎわいの3連休へ

向ヶ丘遊園生田緑地

にぎわいの3連休へ コミュニティ社会

2つの催し 地元店一丸で

11月13日号

終電 来春20分繰り上げ

小田急電鉄

終電 来春20分繰り上げ 経済

登戸など区内駅も影響

11月13日号

閉店セール 12月31日まで!

金・プラチナ高価買取も2020年12月31日まで!見積り無料

044-833-6891

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク