多摩区版 掲載号:2019年9月13日号 エリアトップへ

多摩川エコミュージアム ラフティング体験に40人 親子で約1キロ下る

社会

掲載号:2019年9月13日号

  • LINE
  • hatena

 多摩川を下る「ラフティングボート乗船体験会」が9月7日に開催された。主催は二ヶ領せせらぎ館を運営するNPO法人多摩川エコミュージアム(松井隆一代表理事)。親子約40人が参加し、宿河原堰から多摩高校付近までの川下りを楽しんだ。

 せせらぎ館で説明が行われた後、参加者はヘルメットやライフジャケットを身に付けてスタート地点へ。ラフティングボートで出発すると、乗り方を学びながらパドルを漕いで回転したりボートをゆすったり、およそ1キロをゆっくりと進んだ。参加者からは「魚や鳥も紹介してもらってためになった」「来年も子どもにやらせたい」などの声があった。

 今回の体験会は、同NPOがこの夏に取り組んできた「川崎市都市ブランド推進事業」の締めくくりとなる催し。他団体との連携強化を目指す中で、二子玉川でカヌーをしている7、8人が応援に駆けつけてくれたという。同NPOの柘植正躬さんは「川に入る行事は安全第一で、かつ参加者に楽しんでもらうことができた。今後もラフティングボートの貸出など、連携を深めていきたい」と話していた。

多摩川を下るボート=主催者提供
多摩川を下るボート=主催者提供

多摩区版のローカルニュース最新6

来年開催へ結束

中野島音楽祭

来年開催へ結束 文化

7月10日号

点字入門で講習再開

点字入門で講習再開 社会

多摩川の里 9月から

7月10日号

路上利用の基準緩和

路上利用の基準緩和 経済

市、飲食店支援で

7月10日号

選手ら対談記事配信中

レッドロケッツ

選手ら対談記事配信中 スポーツ

7月10日号

途上国支援 来年見据え

途上国支援 来年見据え 社会

理美容師NPO チャリティーカット中止

7月10日号

「たまこみ」 中止決断

「たまこみ」 中止決断 社会

5年目、オリパラ関連も

7月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月10日0:00更新

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク