多摩区版 掲載号:2020年2月7日号 エリアトップへ

せせらぎ館に「支援」自販機 売上で美化推進、県内初

社会

掲載号:2020年2月7日号

  • LINE
  • hatena
設置された支援型自動販売機
設置された支援型自動販売機

 多摩川の情報発信拠点・二ヶ領せせらぎ館(宿河原)に2月1日、売上の一部が美化活動に寄付される「支援型自動販売機」が設置された。施設の利用環境向上と同時に、「支援」を活用した地域活動の活性化を図る。

 川崎市は同館の有効活用を進めるため、自販機の設置事業で初めてプロポーザル(企画・提案)方式で事業者を募集。支援型自販機を展開するコカ・コーラボトラーズジャパンを選んだ。この自販機は、国内外で美化活動を行うNPO法人グリーンバードの活動を支える取り組みの一つで、神奈川県内の設置は初。登戸・向ヶ丘遊園駅周辺でグリーンバードとしての活動準備を進める「専修大学チーム」に売り上げの一部が寄付されるほか、せせらぎ館の活動にも支援が行きわたる。

 1日には同館の定期清掃活動に合わせ、自販機をお披露目。多摩川をイメージした独自の外装に加え、前面の広報スペースにはグリーンバードの活動PRが掲示された。この日は40人以上が集まり、多摩川沿いの美化活動を行った=写真右。

 グリーンバード川崎駅チームのリーダー・田村寛之さんは「この自販機の存在を3年前に知り、市内に設置したいと考えていた。多摩川の活動や美化活動を自販機がつないでくれる」と期待。同館を運営するNPO法人多摩川エコミュージアムの升田修二さんは「サイクリングで利用する人が多く、来館者にとって自販機は便利」と語った。

専大生ら本格始動

 美化活動と同時に、参加者同士のコミュニケーションを大切にするグリーンバード。市内5カ所目となる「専修大学チーム」は学生4人を中心に、地元団体「登戸そだて隊」(高山康司代表)も運営をサポートする。

 今後は毎月第2水曜、第3土曜に活動予定。チーム代表で同大2年の石川雄也さん=人物風土記で紹介=は「楽しく活動することが大事。1回でも参加してほしい」、同学年の中村亮介さんは「いろんな年代が一つになる。多くの人に知ってもらいたい」と話す。

多摩区版のトップニュース最新6

特別教室 ウェブ予約に

中野島小

特別教室 ウェブ予約に 教育

市、施設活用へ試験導入

2月14日号

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

台風被害 共有し議論

区自主防災連絡協議会

台風被害 共有し議論 社会

初の研修会、100人超

2月7日号

川崎生まれ果実酒 促進へ

川崎生まれ果実酒 促進へ 経済

市、県内初の「特区」申請

1月31日号

住宅防火支え、解散へ

婦人消防隊

住宅防火支え、解散へ 社会

36年で延べ1万5千人超

1月31日号

「特別教室」1割止まり

市立小中施設利用

「特別教室」1割止まり 教育

市、モデル事業で促進へ

1月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク