多摩区版 掲載号:2020年7月31日号 エリアトップへ

「マスク不着用、理解を」 友人グループ 意思表示バッジ配布

社会

掲載号:2020年7月31日号

  • LINE
  • hatena
「マスクをつけられません」と書かれたバッジと名刺大カード
「マスクをつけられません」と書かれたバッジと名刺大カード

 長沢在住のイラストレーター・渡邉和子さん(51)=人物風土記で紹介=と友人らによるグループ「わけがありますくプロジェクト」は、疾患等でやむを得ずマスクが着用できないことを伝える意思表示バッジとカードを製作。必要とする人たちに届けようと、自治体や団体、施設などに協力を呼びかける。

 このプロジェクトは、発達障害や感覚過敏、呼吸器疾患などでマスク着用が難しい人たちの意思表示を手助けしようと、先月に発足。千葉県流山市の心理カウンセリングルーム運営会社「しまうま」の取締役・鈴木玲嘉さんの発案で、友人の渡邉さんら女性4人が集まり、活動が始まった。

 新型コロナ対策でマスク着用が習慣化する中、渡邉さんは「つけていないことに対する風当たりが強まり、トラブルになるケースも。お互い気持ちよく過ごせる方法を考えたかった」と話す。今回製作したバッジとカードで、渡邉さんはイラストを担当。「マスクをつけられません」というメッセージに、優しい表情をした犬のキャラクターが添えられている。「本人や同行者の『申し訳ない』という気持ちが、周りの方たちに柔らかく伝われば」と思いを語る。

 バッジは金属製とビニール製があり、1千個を製作。カードは赤と水色のそれぞれ2種類あり、「バッジは鞄につけたり、カードはフォルダに入れて首から下げるなど、用途に応じて使ってほしい」という。

 バッジ等の製作費は「しまうま」の広告を掲載することで同社が賄い、希望者には送料自己負担で無料配布している。広く普及させようと、同プロジェクトは配布に協力してもらえる団体や施設を募っている。

 活動詳細はサイト(【URL】https://www.wakega-arimask.com/)。

多摩区版のトップニュース最新6

川崎市と連携 モデルへ

チャット相談あなたのいばしょ

川崎市と連携 モデルへ 社会

「望まない孤独」対策、前進

5月7日号

沿道の将来像 冊子に

登戸2号線

沿道の将来像 冊子に 経済

区画整理 地権者ら勉強会

5月7日号

「分区」から深めた10年

多摩区保護司会

「分区」から深めた10年 社会

更生支え、犯罪ない社会に

4月30日号

GW(ゴールデンウィーク)、河川敷でマルシェ

多摩SDC

GW(ゴールデンウィーク)、河川敷でマルシェ 社会

学生中心に企画・運営

4月23日号

多摩川で8編の物語

登戸出身中川監督

多摩川で8編の物語 文化

Hulu、ドラマ配信開始

4月23日号

住民の心、支援広告に

長尾台バスあじさい号

住民の心、支援広告に コミュニティ経済

高橋商事へ感謝 69万円超

4月16日号

【川崎市】新型コロナウイルス

ワクチン接種などの情報を随時更新中 接種券の発送日等が変更になりました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-0-0-0-0-0-0.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter