多摩区版 掲載号:2021年1月15日号 エリアトップへ

医療現場に物資寄贈 川崎西北RC、マスクほか

社会

掲載号:2021年1月15日号

  • LINE
  • hatena
奥原会長(右)と大橋院長
奥原会長(右)と大橋院長

 多摩区を拠点にする奉仕団体・川崎西北ロータリークラブ(RC/奥原章男会長)は1月6日、コロナ禍の診療に尽力する多摩ファミリークリニック(大橋博樹院長)=登戸新町=に医療物資を寄贈した。川崎市と横浜市のRCで構成される国際ロータリー第2590地区の医療従事者支援の一つで、ロータリー財団の資金を活用して実現した。

 当日は奥原会長と、同クラブのロータリー財団委員長を務める川鍋賢昭さんが同クリニックを訪問。感染予防に適したN95マスク1000枚と、医療用グローブ1500枚、消毒液16リットルを届けた。

 寄贈日は緊急事態宣言発令を目前としていたが、両者は昨夏から必要な物資を確認するなど準備を進めていた。日々、新型コロナの対応に追われる大橋院長は「物資が減ってきているところで大変ありがたい」と感謝。「検査する人の3割ほどが陽性という事態。ウイルスは確実にまん延していて、かかりつけの患者さんを制限するべきかどうか考えるレベルになっている」と実情を語った。

 奥原会長は「報道では見ていたが、ここまで大変な状況とは知らなかった。現場の皆さんも本当に気を付けてほしい」とエールを送った。

多摩区版のローカルニュース最新6

成人式、宣言下で敢行

川崎市

成人式、宣言下で敢行 社会

会場参加は前年比4割減

1月15日号

級友39人 聖マリに感謝

百合高

級友39人 聖マリに感謝 教育

寄せ書き、医療従事者へ

1月15日号

スケッチ個性溢れ

スケッチ個性溢れ 文化

せせらぎ館

1月15日号

医療現場に物資寄贈

医療現場に物資寄贈 社会

川崎西北RC、マスクほか

1月15日号

原さん、舞台で肉体美

川崎市出身 ジャニーズJr.

原さん、舞台で肉体美 文化

1月15日号

スポセン時間短縮

スポセン時間短縮 スポーツ

午後8時まで

1月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク