多摩区版 掲載号:2021年2月19日号 エリアトップへ

【Web限定記事】多摩区町会連合会 連携や担い手、糸口探る 研修会 区外2団体の事例共有

コミュニティ社会

掲載号:2021年2月19日号

  • LINE
  • hatena
対談の様子
対談の様子

 町内会・自治会、多くの人に参加してもらうには――。多摩区町会連合会(濃沼健夫会長)の役員を対象にした研修会が2月13日、多摩区役所で開かれた。担い手不足解消や地域連携に取り組む2事例を踏まえ、今後の活動につなげようと意見が交わされた。

 町内会・自治会会長の知識や見識を養い、コミュニティ活性化につなげる研修会。例年は区町連の全加入町会会長に参加を募るが、緊急事態宣言下の今回は役員のみ、20人ほどが参加した。

 研修内容は、昨年コロナで中止になったテーマで再企画。「これからの町内会・自治会運営を考える」と題し、白百合台自治会青年団(横浜市泉区)代表の相馬英樹さんと、稗原ゆ〜ず連絡会(宮前区)代表の川田和子さんが講演した。

自発的行動カギに

 相馬さんは10年前、30代で自治会長を経験。役員が輪番制で活動継続が困難なことや、担い手不足を解消しようと、2012年に同青年団を立ち上げた。現在20代から60代が参加し、自治会行事の企画運営等を担う。「活動している人が楽しく」「できる人ができるときに」と考える相馬さん。「楽しく活動している姿を見て、参加してくれる人も増える。無理のない範囲で呼びかけることでハードルが下がる」と発信した。

 川田さんが代表を務める稗原ゆ〜ず連絡会は、7自治会と近隣の福祉施設、小学校が連携した組織。計15団体で、支え合いや健康づくりにつながる取り組みを2015年から続けている。その活動は地域カフェや巡回講座、料理教室、コンサートなど幅広い。川田さんは「自分たちが安心して暮らしたいのであれば、地域全体で安心して暮らせるようにしないといけない」と思いを話していた。

情報交換で学び深め

 後半は相馬さんと川田さんを交え、多摩区コミュニティ活性化促進委員会の倉本明委員長(葉月町会会長)ら4人の町会長が対談。担い手を募る方法や資金面など、情報を交換した。

 中にはコロナ下における話題も。「何もしていない状況。LINEを使っているので、連絡すればすぐに集まってもらえる仕組みはある」と相馬さん。川田さんは「施設は使えないけれど、外に出て歩くことが大事。お散歩コース提示やお弁当配布など、今後の取り組みを考えていきたい」と前を向く。2団体の話を踏まえ、倉本委員長は「一つのワクにとらわれない、連携をとる行動をしている。よくできている取り組み」と評価した。
 

2団体の事例発表
2団体の事例発表

多摩区版のトップニュース最新6

災害時、入浴支援で協定

川崎浴場組合

災害時、入浴支援で協定 社会

宿河原浴場 東日本台風でも対応

4月16日号

住民の心、支援広告に

長尾台バスあじさい号

住民の心、支援広告に 経済

高橋商事へ感謝 69万円超

4月16日号

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

北京五輪へ強化合宿

中野島在住石川雄大さん

北京五輪へ強化合宿 スポーツ

パラアイスホッケー 代表候補

4月9日号

住宅地の上昇鈍化

多摩区公示地価

住宅地の上昇鈍化 経済

10地点下落、商業地も横ばい

4月2日号

遊園駅南に新複合施設

野村不動産

遊園駅南に新複合施設 経済

旧ダイエー敷地 住宅・商業へ

4月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter