多摩区版 掲載号:2021年5月14日号 エリアトップへ

生田緑地ばら苑 鮮やかに、色づく花園 春の一般開放 見頃つづく

文化

掲載号:2021年5月14日号

  • LINE
  • hatena
徒歩で来園する際の入口から見渡す苑内=5月10日
徒歩で来園する際の入口から見渡す苑内=5月10日

 生田緑地ばら苑の春の一般開放が5月6日に始まった。最初の週末となった8日と9日は、2日間合わせて1万人以上が来苑し、見頃を迎えた花々を楽しんだ。

 約800種、およそ3300株と多くのバラが咲く春の公開は、コロナ禍で昨年中止のため2年ぶり。感染対策として入口で検温と消毒を行い、苑内は食事禁止。ガイドツアーなどイベントも中止にし、長時間滞在にならないようベンチやテントを減らしている。

 バラの管理を担うばら苑ボランティア会では、今回の公開に向けて植え替えや剪定、除草など活動を続けてきた。「開苑に向けて順調に咲き、非常に状況がいい。ぜひ多くの方に見に来てもらいたい」と前島誠一会長。同苑の有賀真由美園長は「昨春はボランティアの皆さんも入苑できなかった。今年は楽しんでもらえたら」と思いを込める。

 開苑前から暖かい日が続いた今春の特徴は「大きく色が濃い」。同苑サイトで日々ブログを更新する川辺奈津女さんは「一気に咲いて、赤やオレンジの発色がきれい。どこを見渡しても楽しめる」と話す。

 開苑は23日(日)まで(コロナの状況によっては短縮)。午前10時(土日9時)から午後4時半。入苑無料、維持管理のための募金を受付。(問)【電話】044・978・5270
 

春ならではの「つるバラ」
春ならではの「つるバラ」

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】6月14(月)16:00開放予定!各店でコロナ感染予防対策中

http://www.prime777.co.jp/

6月末まで謝恩キャンペーン中!

時計バンドが30%OFF!ぜひこの機会をお見逃しなく

044-833-1573

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6

エコバッグ活用へ

エコバッグ活用へ 経済

長沢商店会、思いつなぐ

6月11日号

意識広がる 店頭ポスター

意識広がる 店頭ポスター 経済

多摩区商連×多摩エコスタイル

6月11日号

今年も「写真供養」受付

【Web限定記事】川崎写真師会

今年も「写真供養」受付 文化

市内4カ所で14日から

6月11日号

電気自動車 身近に体感

向の岡工高

電気自動車 身近に体感 教育

日産が出前授業、生徒66人

6月11日号

県議の所属委員決まる

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月11日号

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter