多摩区版 掲載号:2021年8月27日号 エリアトップへ

緑化センターで魅力発見 多摩高生が本紙記者体験

教育

掲載号:2021年8月27日号

  • LINE
  • hatena

 県立高校生インターンシップの一環で、多摩高校(宿河原)2年の原田野杏(のあ)さんが8月19日、実習生としてタウンニュース社川崎支社(中原区)を訪問。本紙・多摩区版の仕事を体験した。

 社内では本紙の地域新聞としての役割や業務内容について説明を受け、社員に質問も。パソコンを使った原稿づくりにも挑戦。後半は多摩区版記者に同行し、複数の取材現場を体験した。

 取材先の一つは、都市緑化の見本園で多摩高と同じく宿河原にある川崎市緑化センター。原田さんは職員と園内を回り、施設の機能や役割、植物の特徴について話を聞いた。

 実習を終え、原田さんは「取材のときは単に質問だけじゃなく、最近あったこととか話題を広げて話すことを知った。新しい発見や、いろんな人とのつながりが持てるのがこの仕事の魅力。これからはあちこちに行って興味を持つようにしたい」と手応えを話した。

コンシェルジュは「植物博士」

 この日は、植物について相談を受ける「緑のコンシェルジュ」の森田裕子さん=写真右=が主に解説を担当。レイアウト変更や新品種追加などリニューアルを計画中の温室では、サボテンと多肉植物の違いについて教えてくれた。「サボテンはトゲのつけ根に注目」と森田さん。「園内の植物はガーデナーのセンスでデザインを手がけている。季節ごとに植物の育っていく過程を見てほしい」と思いを語った。

サボテンについて職員の説明を受ける原田さん(上)。リニューアル中の温室※撮影時のみマスクを外しています
サボテンについて職員の説明を受ける原田さん(上)。リニューアル中の温室※撮影時のみマスクを外しています

市民後見人になりませんか

8月2日午後2時~川崎市産業振興会館 8月6日午後2時~川崎市総合自治会館

http://www.csw-kawasaki.or.jp/contents/hp0110/index00790000.html

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6

痴漢 昨年比で10件増

痴漢 昨年比で10件増 社会

多摩署が注意呼びかけ

7月1日号

シェアサイクル本格運用

川崎市

シェアサイクル本格運用 社会

きょうから 実証実験踏まえ

7月1日号

区民祭、10月15日に

区民祭、10月15日に 社会

3年ぶり 出店者を募集

7月1日号

民家園で七夕行事

民家園で七夕行事 文化

3日 短冊に願い事

7月1日号

3クラブが新体制

RC・LC

3クラブが新体制 社会

区内奉仕団体 7月から

7月1日号

せせらぎ館夏休み教室

せせらぎ館夏休み教室 教育

5日申込締切

7月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook