多摩区版 掲載号:2021年9月3日号 エリアトップへ

菅北浦安藤さん 「優秀」 前後期でW受賞 JAと市、ナシ品評会

社会

掲載号:2021年9月3日号

  • LINE
  • hatena
安藤さんの農園=先月26日
安藤さんの農園=先月26日

 セレサ川崎農業協同組合(JA/原修一組合長)と川崎市による「川崎市梨・ぶどう品評会」の前期の部が8月10日、後期の部が24日に開催。菅北浦の安藤剛志さん(49)のナシが、前期・後期ともに優秀賞かつ川崎市議会議長賞に輝いた。

 ナシとブドウの栽培技術向上を図る毎年恒例の品評会。今年度は、前後期合わせてナシ141点(1点5個)、ブドウ13点(1点3房)が出品。形や色、糖度などの審査を経て、優秀賞には前期ナシ2点、後期ナシ2点が選ばれた。

天候恵まれ良作

 若手農家で構成される川崎市農業青年協議会で、昨年まで会長を務めていた安藤さん。30代で実家の農家を引き継ぎ、ナシの木およそ30本、4品種を栽培する。

 今回の品評会では前期に「幸水」、後期に「豊水」で受賞。「花の時季に天候に恵まれ昨年のような長雨もなく、着果が良かった」と安藤さん。害虫を駆除する天敵のダニを取り入れ、薬剤に頼らない栽培にも取り組む。今年は8月1週目ごろから収穫が続き、9月上旬は「あきづき」が旬という。

 今回、前期の部はセレサモス宮前店、後期の部はJA菅支店で行われ、感染症対策のため一般観覧は中止。優秀賞に続く優良賞は計13点が受賞し、佳良賞は28点、努力賞は2点だった。

 出品は6割以上が多摩区内の農家。入賞した47点のうち34点が多摩区からの出品だった。

 優良賞の多摩区内受賞者は以下のとおり(敬称略)。【前期】▽幸水=白井正壽、田村賢太郎、浅谷和男、太田英男、横山昭一▽巨峰=白井正壽【後期】▽豊水=白井正壽、齋藤彰▽あきづき=吉澤明▽シャインマスカット=白井正壽
 

多摩区版のローカルニュース最新6

「スイートな時間を」

「スイートな時間を」 文化

11月 登戸で男性レビュー

10月22日号

分野超え 力作140点超

多摩区老連

分野超え 力作140点超 文化

趣味展示、コロナ禍の励み

10月22日号

リオ金・高橋さん指導

リオ金・高橋さん指導 スポーツ

市バド協会 小中生46人へ

10月22日号

食品ロス削減啓発

食品ロス削減啓発 社会

県、動画やロゴ

10月22日号

2年ぶり 歌舞伎公演

2年ぶり 歌舞伎公演 文化

11月3日、民家園まつり

10月22日号

デザイン戦後の軌跡

デザイン戦後の軌跡 文化

岡本太郎美術館

10月22日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】10月18日16時~予定/20日:本店リフレッシュオープン予定

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook