多摩区版 掲載号:2021年9月17日号 エリアトップへ

バスケB1川崎 アシストパスで新基金 今季、次世代の競技振興に

スポーツ

掲載号:2021年9月17日号

  • LINE
  • hatena
施策を発表する篠山選手
施策を発表する篠山選手

 今月末開幕の2021-22シーズンから、バスケットボール男子B1・川崎ブレイブサンダースは競技振興を掲げた基金を新設。試合のアシストパス1本あたり千円を積み立て、市内の子どもたちのために役立てる。

 この基金は、バスケで味方の得点につながるパスを指す「アシスト」にちなんだ試み。クラブが昨季から進めるSDGs(持続可能な開発目標)プロジェクト「&ONE(アンドワン)」の一環で、「&ONE ASSIST」と名付けられた。

 昨季レギュラーシーズン59試合でのチームアシスト数は1381で、基金に換算すると約140万円に相当する。チームの司令塔を担う篠山竜青選手は、今月11日の会見で「ブレイブサンダースは(前身の)東芝時代から、伝統的にアシストが多いチーム。将来を担う子どもたちの明るい未来をアシストしたい」と思いを語った。

 基金の原資は、シーズン終了後に毎年行うサイン入りユニホームオークションの売上から充当。次世代のバスケ振興に活用する。プロジェクトをけん引する「アンドワンアンバサダー」の篠山選手をはじめ川崎市との協議で、シーズン後に用途を決める予定だ。

子ども食堂 支援も

 今季の新施策として、ホーム戦の来場者1人につき1円を、市民団体「かわさきこども食堂ネットワーク」を通じて子ども食堂に寄付する取り組みも始める。川崎ブレイブサンダースの昨季のホーム戦来場者数は1試合平均2353人でリーグ最多。試合観戦でとどろきアリーナに足を運び、クラブのSDGsを身近に感じることで、今後の行動につなげてもらうのが狙いだ。

 5月のアンケート調査によると、クラブの活動で「SDGsの興味や理解が深まった」との回答が2割を超えたという。運営会社の元沢伸夫社長は「熱い思いを持った地域の方々とパートナーシップを組めていることが、プロジェクト進行の大きな要因。今後も皆さんの力を借りながら、一丸で取り組んでいきたい」と決意を固めた。

多摩区版のトップニュース最新6

60年の趣(おもむき)、一区切り

ことぶきや模型店

60年の趣(おもむき)、一区切り 経済

区画整理で移転 変わる街

10月22日号

不登校が800人超

2020年度市立小学校

不登校が800人超 教育

5年連続で過去最多

10月22日号

紙人形劇で情報発信

生田緑地

紙人形劇で情報発信 社会

手作り動画、職員が声出演

10月15日号

謎解き、生田・長沢で

多摩区主催

謎解き、生田・長沢で 文化

「令和」 揮毫(きごう) 茂住さんの題字 目印に

10月15日号

住宅地 上昇傾向戻る

多摩区基準地価

住宅地 上昇傾向戻る 社会

5地点は下落、広がる地域差

10月8日号

1,200人に職域接種

多摩区食品衛生協会

1,200人に職域接種 社会

コロナワクチン 柏屋が会場

10月8日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】10月18日16時~予定/20日:本店リフレッシュオープン予定

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook