多摩区版 掲載号:2022年2月25日号 エリアトップへ

市内生産緑地 税優遇継続95%に 指定から30年、期限で

社会

掲載号:2022年2月25日号

  • LINE
  • hatena
生産緑地を示す看板=宮前区
生産緑地を示す看板=宮前区

 市街地の農地を守ることを目的に、市からの指定で税金が減免される「生産緑地」。指定から30年の期限を今年迎える市内の生産緑地について、営農の義務と税制優遇等を継続する「特定生産緑地」指定の市への申し出が、2月1日時点で95・2%(面積ベース)となった。

 税制優遇措置を10年延長する特定生産緑地の指定は、所有者自ら申し出る必要があり、延長せずに宅地化されることが懸念されていた。市内の生産緑地は昨年末で954世帯、約264ヘクタール。1992年に指定を受けた約195ヘクタールが、1月末に申し込み期限を迎えた。

 市は、期限間近の生産緑地について、2019年度から指定の申し出を受け付けてきた。昨年6月には、農家の個人情報を共有する協定をJAセレサ川崎と締結。指定への働きかけを強化するなど、制度推進に取り組んできた。

 申し出のあった生産緑地は、書類審査や関係権利者の同意等を得て、11月ごろをめどに特定指定される。市は22年度も93〜97年度に指定した生産緑地を中心に申し出を受け付ける。

多摩区版のローカルニュース最新6

月下美人の開花、動画撮影に初成功

【Web限定記事】川崎市緑化センター

月下美人の開花、動画撮影に初成功 文化

インスタグラムで配信中

8月12日号

推薦本101冊を展示

専修大生

推薦本101冊を展示 文化

多摩図書館 8月末まで

8月12日号

試合チケットプレゼント

8月27日 川崎フロンターレ対鹿島戦

試合チケットプレゼント スポーツ

8月12日号

義援金 大使館へ

民家園通り商店会

義援金 大使館へ 社会

夏まつり経て、16万円超

8月12日号

聖なる生き物描く

岡本太郎美術館

聖なる生き物描く 文化

小松美羽展で、親子16組

8月12日号

金内さんへ感謝状

多摩署

金内さんへ感謝状 社会

盗撮容疑者を捕まえ

8月12日号

あっとほーむデスク

  • 8月12日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook