多摩区版 掲載号:2022年4月29日号 エリアトップへ

「校庭開放」モデル校設置へ 市立小、全校実施めざし

教育

掲載号:2022年4月29日号

  • LINE
  • hatena
古川小の校庭開放=昨年、市提供
古川小の校庭開放=昨年、市提供

 川崎市は児童の遊び場を確保するため、市立小学校で放課後や休日の「校庭開放」を進める。今年度は各区1校のモデル校を設置。児童の意見を反映してガイドラインを作成し、来年度以降に市内全114校での実施を目指す。

 都市化が進む市内において、公園で禁止されることが多いボール遊びの場などを確保するための取り組み。「みんなの校庭プロジェクト」と題して校庭開放を推進する。

 市は5月末までにモデル校を選定し、遊び内容や曜日・時間帯など、児童の意見を反映させたルールで試験的に校庭開放を実施。今年度中にモデル校の児童にアンケートを行い、市の指針を作成する。来年度以降に、市内すべての小学校での実施を目指したい考えだ。事業を推進する市教育委員会の担当者は「学校ごとの状況に合わせて柔軟にルールを作っていく。市としてのガイドラインを示すことで、持続可能な取り組みにしたい」と展望を話す。

理解に課題も

 全小学校での開放に向けて課題となるのが、周辺住民の理解や教員の事務負担だ。これまで市立114小学校のうち、87校が校庭開放を経験。子どもたちの声など騒音を理由とする反対意見により、校庭開放を行っていない学校もある。「働き方改革」が叫ばれる中、これ以上の事務負担は避けたいという現場の声も聞かれる。

 校庭開放を続ける平小(宮前区)では、6時間授業後の1時間、高学年を対象に学校管理下で実施。休日は少年野球チームなど地元団体が利用する。担当教諭は「教員が見守れるときだけ開放している。子どもたちは昼休みに禁止されているボール遊びができると喜んでいる」と話す。

 同プロジェクトのきっかけとなったのは、古川小(幸区)で昨年12月に行われた校庭開放イベント。当日は300人を超える児童が参加した。関係者は「一番身近な地域資源を活用した好例ではないか。子どもたちの『やりたい』の実現に向け、多くの小学校に広がってほしい」と期待を寄せている。

多摩区版のトップニュース最新6

団体5連覇で全国へ

向の岡工業相撲部

団体5連覇で全国へ スポーツ

苦境越え、30回目の県優勝

6月24日号

初年度の申請率53.9%

町会応援補助金

初年度の申請率53.9% 社会

市、事例示し利用促進へ

6月24日号

生田G.Gが初の全国へ

シニアソフトボール

生田G.Gが初の全国へ スポーツ

絆深め、結成10年の悲願

6月17日号

ワクチンの今後、討論

多摩病院

ワクチンの今後、討論 社会

市立看護大学長ら シンポ

6月17日号

学生が「たまずん」研究

明治大農学部

学生が「たまずん」研究 教育

24時間の観察記録、展示

6月10日号

相談・通告5年で倍に

川崎市内児童虐待

相談・通告5年で倍に 教育

5832件、増加率は低下

6月10日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】6月20日 新台は16時オープン 「めぞん一刻甘デジ」3店舗に

http://www.prime777.co.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook