神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
多摩区版 公開:2022年12月23日 エリアトップへ

カリタス女子中高 4年ぶり豪・姉妹都市へ 市、国際友好使節に認定

教育

公開:2022年12月23日

  • X
  • LINE
  • hatena
(右から)前田明信市総務部長、古橋さん、伊藤副市長、古矢さん、松本さん
(右から)前田明信市総務部長、古橋さん、伊藤副市長、古矢さん、松本さん

 カリタス女子中学高等学校(中野島/萩原千加子校長)の生徒2人による訪問団が来年1月から、川崎市の姉妹都市であるオーストラリア・ウーロンゴン市へ留学する。出発に先立ち、川崎市は12月13日に2人を「かわさき国際友好使節」(略称=K.I.F.A.)に認定。同校訪問団の認定は4年ぶりで、2016年度から4回目となる。

「ターム留学」で

 カリタス女子中高では13年度から、海外の現地家庭にホームステイをしながら語学学校へ通う、9週間の「ターム留学」を実施。中学3年から高校2年を対象に、異文化理解や英語力向上を図ってきた。19年度までに64人の生徒が参加。今年度はニュージーランド5校とオーストラリア2校の受け入れ先に、計20人が留学する。

 シドニーの約80キロ南に位置する湾岸都市・ウーロンゴン市への留学は、コロナの影響もあり4年ぶり。中学3年の古矢真椰愛子さん(15)と古橋芽衣さん(15)が、訪問団として来年1月14日に出発する。3月26日の帰国前に、現地市役所への表敬訪問も予定する。

 川崎市庁舎で行われた国際友好使節の認定式では、伊藤弘副市長が2人に認定書を授与。ウーロンゴン市長宛の市長親書も交付した。団長の古矢さんは「市の代表として、魅力を伝えられるように努める。両市の友好に少しでも役に立てたら」と語った。古橋さんは「いろんな国籍の人と触れ合えると聞いてすごく楽しみ。日本の食文化を伝えたい」と話した。

 同校の留学希望者は英語アドバンストクラスの生徒が多いという。同席した英語教諭の松本浩史さん(62)は「コロナ下はオンライン交流などを行ってきたが、ようやく留学生を送り出すことができる。経験を後輩に伝えていってほしい」と期待を込めた。

 川崎市は1988年にウーロンゴン市と姉妹都市を提携。川崎ジュニア文化賞の大賞受賞者による親善訪問など、交流を30年以上続けている。

多摩区・麻生区版のトップニュース最新6

アート体験 視覚障害者に

岡本太郎美術館

アート体験 視覚障害者に

CFに初挑戦、資金募る

4月12日

ボトル販売、実現へ

かわさきそだちワイン特区

ボトル販売、実現へ

規制緩和 観光振興も期待

4月12日

水路に蓋 地域の願い実現

多摩区菅馬場

水路に蓋 地域の願い実現

危険な通学路、一部解消

4月5日

天井絵「雲龍図」5月に公開

麻生区黒川西光寺

天井絵「雲龍図」5月に公開

市制100周年事業に認定

4月5日

深津音翔さん入賞報告

麻生区在住高校2年生

深津音翔さん入賞報告

昨夏の世界的ダンス大会

3月29日

「移動する交番」始動

多摩警察署

「移動する交番」始動

4月から 生田交番管轄で

3月29日

永代供養・合祀墓は4万円から

納骨にお困りの方「眞宗寺」の永代供養墓は後々の費用なし、生前申込・改葬代行

044-965-0965

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月5日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

  • 3月8日0:00更新

多摩区・麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

多摩区・麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook