箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2015年1月1日号 エリアトップへ

コミュバス休止、有料で実験 真鶴町町職員がハンドル握り6年目

政治

掲載号:2015年1月1日号

  • LINE
  • hatena
真鶴駅を起点に平日1日11回町内を周る
真鶴駅を起点に平日1日11回町内を周る

 真鶴町のワゴン車を使った無料コミュニティバスが2月1日から28日まで休止し、その代わりに民間事業者による1回200円(小学生以下無料)の有料バスが試験的に走る。乗車人員などを調べ、バスやタクシーも混在する公共交通の形を見直してゆく。

民間と競合する側面も

 コミュニティバスは高齢者など交通弱者が外出しやすくなるよう、青木町政だった6年前にスタート。役場職員が交代でハンドルを握る無料のバスとして注目を集めた。真鶴駅を起点に、既存のバス路線の少ない地区や町公共施設、スーパーなどを約30分かけて巡るコースで、午前と午後に計11便が走っている。観光客は乗る事はできず、乗車できるのは町民だけ。通勤通学でも利用され、降りたい場所で手を挙げる。午後は杖や荷物を手にした高齢者が目立ち、生活に欠かせない足として定着しているようだ。運行に必要な予算は車両リース代や人件費などで約770万円(昨年度)。運賃が無料だが、ルートの一部が民間路線バスに重なっているため、競合という課題も抱えている。

 町では4月に民間事業者や自治会、老人クラブ関係者とともに会議を発足させて検討してきた。今回の有料化実験では乗車数などを調べ「本当に必要な公共交通」の洗い出しを図り、次年度につなげる意向だ。
 

箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

宇宙に輝く「勝俣隆」

宇宙に輝く「勝俣隆」 社会

箱根出身・功績たたえ小惑星に命名

5月1日号

蘇るか彫刻の祭典

真鶴町

蘇るか彫刻の祭典 文化

来年の五輪に合わせ、今秋にも公開制作

5月1日号

創始者が一万円札に

創始者が一万円札に 文化

箱根温泉供給(株)のルーツ「耕牧舎」創立

4月19日号

漫画でわかる土肥実平

漫画でわかる土肥実平 文化

 武者行列で初配布

4月19日号

湯河原の由来も万葉集

湯河原の由来も万葉集 文化

「令和」に驚きと期待

4月5日号

「あかり」大槌町に出張

湯河原明店街マスコット

「あかり」大槌町に出張 文化

復興中の末広町商店会と交流

4月5日号

吉浜交番が連絡所に

吉浜交番が連絡所に 社会

 署員の安全など考慮 4月に変更

3月22日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク