箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2018年5月25日号
  • LINE
  • hatena

大涌谷自然研究路に年度内建設 シェルター大小7基に

社会

 大涌谷の自然研究路(往復660m)で、複数のシェルターが形になりつつある。鉄筋コンクリート製の大小7基が年度内に完成する予定で、うち2基は屋根を展望所として活用する。

 黒たまごの蒸し場に向かう研究路は16年前に発生した土石流で往路の一部が崩れ、3年前の火山活動を期に復路も閉ざされたままになっている。

 建てているシェルターは最大100平方メートル〜最小25平方メートルの規模で、収容人数はのべ800人。3年前の活動では火口から人の頭ほどの噴石が高さ20mほどまで噴出した事が確認されており、このシェルターも直径30cmほどの噴石飛来を想定。壁の厚みを約20〜30cmに、天井はアラミド繊維で強化する。内部にはヘルメットを備えるが、建物に気密性はなく、火山ガスを防ぐことはできない。

 初のシェルター建設で県が参考にしたのは、国が出した「退避壕等の充実に向けた手引き」。想定火口域から概ね2Km以内の対策を促し、すでにシェルターを備える先進地の事例を紹介している。

 一方で研究路再開にはシェルター建設だけでなく、先が読めない火山ガス対策も求められる。警備・避難誘導などソフト面のハードルも連なり、以前の光景に戻るにはまだ時間を要しそうだ。

箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6件

家族愛の果実、高評価

「人々に勇気を」真鶴で彫る

湯河原病院が起工

JCHO

湯河原病院が起工

1月1日号

デマンドタクシー真鶴も

湯河原は10月スタート1日平均14・4人利用

デマンドタクシー真鶴も

12月14日号

12年ぶり、湖畔の大名行列

地下壕に箱根の火山灰

座間で初公開

地下壕に箱根の火山灰

11月30日号

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

  • 10月5日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月11日号

お問い合わせ

外部リンク