多摩区版 掲載号:2015年8月21日号 エリアトップへ

(PR)

湘南メディカルクリニック 女性の半分がかかる下肢静脈瘤とは 治療は完全保険適用

掲載号:2015年8月21日号

  • LINE
  • hatena

 女性の約半分が潜在的に抱えていると言われる「下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)」。しかし、これを疾患だと認識していない、または治療の必要を感じずに放置している人がほとんどという。症状は血管が表面に薄く浮いて見える、血管の盛り上がっている状態の他、足のむくみやかゆみ、倦怠感も含まれる。

 アクセス良好な新宿と横浜にある「湘南メディカルクリニック」は、下肢静脈瘤専門のクリニック。同院医師は下肢静脈瘤の主な原因を、「遺伝」「妊娠・出産で負荷がかかった」「長時間の立ち仕事をしている」と指摘する。

 治療には一般的にメスを使うことが大多数だが、同院では細いファイバーを血管内に入れ、弁の壊れた血管に照射し血管の逆流を止めるレーザー治療を導入。「体の負荷が少なく、安全性が高い。切らずに30分前後で施術できるため、日帰りが可能で、傷跡もほとんど残らず、痛みも少ない」と話す。最新レーザーには保険も適用される。

 下肢静脈瘤は血管が膨らむだけでなく、痛みや体のだるさなど、日常生活に支障をきたす場合も。「表面の色素沈着やできものができたりと重症に発展するケースも多いため、早期発見・治療を」と呼びかけている。

湘南メディカルクリニック横浜院

神奈川県横浜市西区高島2-19-12横浜スカイビル16F

TEL:0120-612-900

http://www.sbc-medical.jp

多摩区版のピックアップ(PR)最新6

工場直営、洗いのプロ

工場直営、洗いのプロ

ヤシマクリーニング 集配も

9月24日号

独居高齢者に三方良し

独居高齢者に三方良し

介護事業者が届ける「心の杖」

9月24日号

知って得する火災保険

コラム

知って得する火災保険

「お金を受け取るには…」相談無料

9月24日号

フォルトゥーナ物語

美しく健やかな髪のお話 vol.1――

フォルトゥーナ物語

9月17日号

プロが撮る『遺影写真撮影会』

9月25日 『最高の今』を遺す

プロが撮る『遺影写真撮影会』

9月17日号

知って得する火災保険

コラム

知って得する火災保険

「お金を受け取るには…」相談無料

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook