多摩区版 掲載号:2021年4月2日号 エリアトップへ

市政報告 今、改めて「子どもたちの最善のために」! みらい川崎市議会議員団 露木 明美

掲載号:2021年4月2日号

  • LINE
  • hatena

 先の議会で小学校での体操着の着用の仕方が話題になりました。汗が肌着に残るとして下着を脱いで体操着を着用するという指導は、子どもたちの羞恥心の芽生えに配慮を欠いているという指摘でした。私はこの議論があった際、「川崎市子どもの権利に関する条例」が今どのように生かされているのかということを考えました。

 この条例が全国に先駆けて施行されたのは、2001年4月1日でした。厳罰主義・管理主義に陥りがちな社会から、子どもを信頼し支えていこうとする意志がこうした条例を生んできており、目指すことは子どもたちの最善の幸福、具体的に7つの権利を保障しています(詳細は川崎市のHPで)。

◆市制定「権利の日」

 施行当時は、市の施策全般を見直し、学校で普通に行われていた男女別名簿から混合名簿への変更、児童生徒の呼称を男女に関係なく「さん」付けで行うことなど様々な見直しが行われてきました。また、子どもたちには毎年11月20日の「かわさき子どもの権利の日」を中心に、子どもの権利について各学校でリーフレットをもとに権利学習を進めるとともに、子どもの居場所として「子ども夢パーク」の建設、意見表明の場として「子ども会議」の設置などが図られてきました。

 施行から20年以上が経過し、直接指導する教員や様々な場面で子どもたちと接する職員は、この条例の趣旨をどのように理解し対応してきたのでしょうか。

 今回の体操着の着用方法については、子どもの権利条例に照らして考えると、指導する側の判断には子どもたちの受け止め方に対して、十分な配慮があったのか疑問が残ります。また、子どもたちが率直な意見を先生に主張できる関係を築くことも必要です。

 今回の事例をきっかけに、無意識に行われている様々な対応について、子どもたちの権利が守られているのか、改めて見直すべきときではないかと考えます。

 今後も子どもたちの健やかな成長と幸せを願い活動してまいります。

川崎市議会議員 露木明美

川崎市多摩区西生田2-1-3

TEL:044-299-8184

http://tsuyuki-a.com

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】10月18日16時~予定/20日:本店リフレッシュオープン予定

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

多摩区版の意見広告・議会報告最新6

くらしと街、経済を支える決意

もっと自分らしさを実現できる社会へ。 意見広告

くらしと街、経済を支える決意

国土交通副大臣 前衆議院議員 中山のりひろ

10月15日号

正直で、公正な、開かれた政治を

”人づくりなくして国づくりなし” コロナ禍の今こそ 意見広告

正直で、公正な、開かれた政治を

立憲民主党第9区総支部 笠(りゅう)ひろふみ

10月15日号

コロナ禍に挑む提言が実現!

市政報告

コロナ禍に挑む提言が実現!

公明党 川崎市議会議員団 河野(こうの)ゆかり

9月24日号

コミュニティ交通の運行実現に向け、大きく前進

市政報告

コミュニティ交通の運行実現に向け、大きく前進

みらい川崎市議会議員団 露木 明美

9月17日号

災害から命を守るために

市政報告Vol.5

災害から命を守るために

〜 知ろう備えよう、あなたの防災 〜川崎市議会議員 無所属 吉沢章子

9月10日号

コロナ禍で求められること

市政報告

コロナ禍で求められること

川崎市議会議員 各務 雅彦

7月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook