多摩区版 掲載号:2021年8月13日号 エリアトップへ

区画整理が進む登戸で、まちの写真を撮影し、SNSで残そうと活動する スミ ナツコさん(本名:鷲見 菜津子) 枡形在住 36歳

掲載号:2021年8月13日号

  • LINE
  • hatena

原風景に思い重ね

 ○…徐々になくなっていく、愛着ある登戸のまちの景色に寂しさを抱き、写真に撮ってアルバムのように保存する活動を考案。「昔と今。住んでいる人たちをつなぐことができたら」。インスタグラムに写真を投稿し、賛同してくれる仲間からも写真を募集。出会いと縁を大切に、少しずつ活動の幅を広げる。

 ○…生まれは麻生区だが、家族で過ごした祖母宅のある登戸が、幼少の記憶にある原風景だ。バスのタイヤの高さと同じくらいの背丈だったころ。今はなき向ヶ丘遊園でキャラクターショーを観てスケートに興じ、モノレールに乗車。昨年閉店したダイエー向ヶ丘店も行きつけの一つだった。高校時代は友人と遊園駅周辺で過ごすなど、日常生活にはいつもこのまちの風景があった。

 ○…父親がシステムエンジニアで、自宅にあったパソコンで幼少から動物など絵を描いていた。デザイナーから絵本作家になった五味太郎さんに感銘を受け、3次元コンピューターグラフィックスの専門学校へ進み、商業パッケージをデザインする都内の個人事務所に就職。「デザインで地元に貢献したい」。その一心で2017年に独立した。グラフィックデザイナーとして、地元アーティストのCDジャケットやバレエ教室の公演プログラムを製作。その傍ら、実家のある麻生区や横浜市内で芸術イベント等の一員として、チラシやロゴ、サイト作りに精を出す。「いずれは多摩区でも」と心を寄せる。

 ○…仕事以外の写真歴はまだ数年。時には娘2人を構図に入れ、街中で気ままにシャッターを切る。3年前、3枚組の写真が多摩区フォトコンテストで入賞。翌年には、駄菓子屋前で収めた一枚が「まち並み部門」の最優秀賞に輝いた。ふとした一瞬を、切り取る。

市民後見人になりませんか

8月2日午後2時~川崎市産業振興会館 8月6日午後2時~川崎市総合自治会館

http://www.csw-kawasaki.or.jp/contents/hp0110/index00790000.html

<PR>

多摩区版の人物風土記最新6

間渕 秀和さん

かわさきプラネタリウム同好会の会長を務める

間渕 秀和さん

寺尾台在住 68歳

7月1日号

清田 英彦さん

県立向の岡工業高校相撲部の監督で、5大会連続で全国総体に導いた

清田 英彦さん

堰在勤 42歳

6月24日号

溝江 光運さん

「長尾の里あじさい寺」として知られる妙楽寺で第25世住職を務める

溝江 光運さん スポーツ

長尾在住 81歳

6月17日号

菊地 徹さん

川崎市緑化センターの統括責任者を務める

菊地 徹さん

宿河原在勤 62歳

6月10日号

太田 裕子さん

保護司として「多摩区更生保護女性会」の会長を務める

太田 裕子さん

生田在住 75歳

6月3日号

吉田 明宏さん

(株)川崎フロンターレの代表取締役社長に先月就任した

吉田 明宏さん

高津区在勤 58歳

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook