神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

多摩消防署の署長に4月1日付で就任した 佐川 勉さん 枡形在勤 58歳

公開:2024年5月17日

  • X
  • LINE
  • hatena

人を思い、まちを守る

 ○…「火災は当然ながら、土砂災害や水害などのあらゆる災害に取り組んでいく」と強い覚悟を持つ。安全、確実、迅速に――。入庁以来のモットーを職員に伝える。「心身共に、健康な状態で仕事から帰宅させるのが私の役目」と語り、良好な職場環境を作るために、心をひとつにする。前任は宮前署長。「気負いなく、自分の経験を継承できた」と振り返る。そんな充実した日々を多摩署でも。「安全、安心を守る。実力を発揮する準備はできている」と自信をのぞかせる。

 ○…オレンジ色の活動服を着て、訓練する姿に憧れた。市内各地で人の命を助けてきた。市消防航空隊で山岳救助にも携わった。救出した人やその家族らが安堵した顔は今も記憶に残る。「ほっとすると同時に大きなやりがいを感じた」

 ○…40代以降は採用にも関わり「面接した人が今も一生懸命、仕事をしている姿を見るとうれしい」と顔をほころばす。新しい消防艇の竣工に立ち会ったことも思い出深い。広島県内で行われた進水式。「海に初めて入る瞬間は感動したよ」と懐かしんだ。息子は3人いる。皆社会人となり、手を離れた。次男は消防の道へ。「内心は父の背中を見て同じ職業に1人くらいは進んでほしかったんだ」と冗談めかしながら、優しさあふれる親の顔を垣間見せた。

 ○…長年続けているのはバスケ。「昔、地域で教えていた子どもと今もプレーしていて」。つながりが続いてることに幸せを感じる。趣味はウオーキング。湘南の海沿いを歩いたり、寺や神社を巡ったりと、自由気ままな時間を過ごす。多摩区内も歩き始めた。「地形など、地域の実情を知ることは市民を守ることに役立つ、必ず」。人を思う軸はぶらさず、新たな一歩を踏み出した。

多摩区・麻生区版の人物風土記最新6

菊田 哲治さん

今春から川崎国際生田緑地ゴルフ場の支配人を務める

菊田 哲治さん

多摩区枡形在勤 46歳

6月21日

藤林 千咲子さん

生田緑地を運営する共同事業体の統括責任者に今春着任した

藤林 千咲子さん

多摩区枡形在勤 46歳

6月14日

小林 昌幸さん

4月から早野聖地公園里山ボランティアの会長を務める

小林 昌幸さん

麻生区虹ヶ丘在住 83歳

6月7日

森 勝利さん

川崎野球協会の会長を務める

森 勝利さん

幸区在住 80歳

5月31日

脇本 靖子さん

川崎市男女共同参画センター「すくらむ21」(高津区)の新館長に就任した

脇本 靖子さん

多摩区在住 44歳

5月24日

佐川 勉さん

多摩消防署の署長に4月1日付で就任した

佐川 勉さん

枡形在勤 58歳

5月17日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月21日0:00更新

  • 6月14日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

多摩区・麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook