多摩区版 掲載号:2015年3月6日号 エリアトップへ

市政報告 保育所待機児童対策と中学校給食は?―川崎市の平成27年度予算より― 民主党川崎市議会議員団 露木明美

掲載号:2015年3月6日号

  • LINE
  • hatena

保育所待機児童対策等は

 川崎市の平成27年度予算における待機児童対策を含むこども費は前年より30億円増の914億円です。保育所入所枠は認可保育所が2015人、川崎認定保育園(認可外保育)が771人拡大し、それぞれ2万2340人、4171人となりました。

 このほかに新規の地域型保育事業により474人受け入れます。また、入所が難しいケースには区役所等に相談窓口を設け、保育所利用者支援事業として9名の専門職員が配置されます。これまでに第2期保育基本計画として4420人の入所枠の拡大を図っており、ここ4年間で大幅に保育所の整備が進んできたと言えます。

 一方、保育の質の向上も大切です。経験豊かな職員確保に向け、保育所職員の処遇改善費や保育所に対する障害児保育費加算が増額されました。

中学校完全給食は

 28年度実施をめざした中学校完全給食実施のための27年度予算は32億円です。PFI方式により15年間で378億円の試算です。3つの学校給食センターを新設し、自校調理校以外の48中学校へ運搬し配膳する方式で実施します。

 しかし、工事日程などの理由で南部が7カ月、中部・北部が10カ月先延ばしとなり、平成29年度中の事業開始の予定です。

課題

 本市の厳しい財政状況の中で、保育所待機児童対策や中学校給食の予算が増額になりますが、障害児者に対する施策や生活保護者対策、自立支援関係などの予算は減額され、介護保険料も月額500円上がり5540円(基準額)となります。

 これらの課題について「市民の暮らしを守る」視点でしっかり審議してまいります。
 

川崎市議団 露木明美様

多摩区西生田2-1-3

http://blog.goo.ne.jp/akemi10-19 http://tsuyuki-a.com

多摩区版の意見広告・議会報告最新6

新型コロナの影響を鑑み、市内中小企業への融資支援拡大

市政報告

新型コロナの影響を鑑み、市内中小企業への融資支援拡大

川崎市議会議員 上原まさひろ

3月20日号

十分な市民合意を得るには危機管理の組織強化必須

市政報告

十分な市民合意を得るには危機管理の組織強化必須

川崎市議会議員 上原まさひろ

3月13日号

新型コロナウイルス対策を万全に!

市政報告

新型コロナウイルス対策を万全に!

みらい川崎市議会議員団 露木 明美

3月6日号

大型台風・新型コロナ蔓延で見えた市の危機管理の補強の必要性

市政報告

大型台風・新型コロナ蔓延で見えた市の危機管理の補強の必要性

川崎市議会議員 上原まさひろ

3月6日号

地球温暖化対策に川崎市が率先して取り組みを

市政報告

地球温暖化対策に川崎市が率先して取り組みを

日本共産党 川崎市議会議員 井口まみ

3月6日号

子どもたちがゆたかに学べる川崎に

市政報告

子どもたちがゆたかに学べる川崎に

日本共産党 川崎市議会議員 赤石ひろ子

2月28日号

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク