多摩区版 掲載号:2016年3月18日号 エリアトップへ

J:COM町田・川崎局のデイリーニュースで木曜担当キャスターを務める 藤田 ゆみこさん 麻生区出身

掲載号:2016年3月18日号

  • LINE
  • hatena

「仕事と育児は永遠のテーマ」

 ○…ジェイコムイースト町田・川崎局に新スタジオが完成し、2月から平日夕方に生放送されている「デイリーニュース」のキャスター。各曜日の担当者の中で唯一となる地元出身者として、経験を生かした情報紹介を心掛ける。これまでは千葉や東京の番組を担当していたが「小さい頃に遠足で行った所や、今でも家族で過ごすスポットなどを身近な話題として紹介できるのがこのエリアです。新番組ということで是非やってみたかったので選ばれて嬉しいです」と笑う。

 ○…3歳から学生時代まで麻生区で過ごし、大学卒業後は会社員に。たまたま訪れた展示会イベントで見かけた女性司会者に興味を覚えたことがこの道に進んだきっかけだ。アナウンサーの専門学校に通ったのちイベントMCを経験、徐々にローカル局やケーブルテレビのキャスターにシフトしていった。「イベントでは興味のない方たちを振り向かせる力量が試される場。キャスターはスタッフが頑張って編集した映像に最後の味付けをして世に出す役割です。みんなで作り上げるものなので、責任とやりがいがあります」

 ○…このエリアは思い出も多く「向ヶ丘遊園地の着ぐるみショーに通って、学生時代は柿生駅前ミツバチさんのシフォンケーキをよく買いました。琴平神社は私も娘も七五三参りをした場所です」と、地元ネタは尽きない。現在は3歳の娘の育児が中心だが、地元の焼き肉店でお酒を楽しみ、家族でジムに通うなど、アクティブさも覗かせる。

 ○…出産を機に仕事を辞めることも考えたというが、所属事務所の理解もあり「家庭を大事にしつつ、生き生きと仕事や人生に取り組みたい」と、社会との接点を持ち続けることを選んだ。今後は「働く母親として地域の活性に貢献したい。仕事と子育てを永遠のテーマとして、観てくれているママたちと子育てを一緒に頑張りたいです」と笑顔で前を向く。

「バンバンなら私もいける!」

【本店】1月20日リフレッシュオープン/新台入替/各店 駅近・駐車場完備

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

多摩区版の人物風土記最新6

池上 紅実(くみ)さん

川崎市の寺子屋事業を担う「まなてら運営委員会」で委員長を務める

池上 紅実(くみ)さん

登戸在住 50歳

1月21日号

久保山 義夫さん

2021年度「第34回川崎市自治功労賞」の受賞者に選ばれた

久保山 義夫さん

登戸在住 90歳

1月14日号

神園 佳昌さん

川崎青年会議所(JC)の第72代理事長に就任した

神園 佳昌さん

幸区在住 35歳

1月7日号

清水 年子さん

日本民家園のボランティア「炉端の会」初代会員として最高齢で活動を続ける

清水 年子さん

長尾在住 95歳

1月1日号

山本 咲さん

「高校生ものづくりコンテスト全国大会」電気工事部門で優勝した

山本 咲さん

県立向の岡工業高(堰)1年 15歳

12月24日号

松山 知明さん

川崎市歯科医師会の会長に就き、各種健診などに取り組む

松山 知明さん

中原区在勤 62歳

12月17日号

新春セール開催中!

「宝飾品」「腕時計・目覚まし時計」20%OFF!ぜひこの機会をお見逃しなく

044-833-1573

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook