多摩区版 掲載号:2018年5月4日号
  • LINE
  • はてぶ

発足1年を迎えた「ばら苑ボランティア会」の会長を務める 前山 英二さん 登戸在住 65歳

思い一つに、受け継いで

 ○…生田緑地ばら苑でバラの育成管理を担うボランティアを続け5年。約150人が活動する中で意見を集約できる団体をつくろうと、昨年4月に会を設立。会員向けに「ご意見ポスト」を設置し、運営メンバーが市や同苑との橋渡し役を担うなど体制を整えた。春の開苑を控え、「年間を通して一生懸命手入れしている。会員によるガイドツアーも楽しんでもらいたい」と思いを語る。

 ○…バラに心を奪われたのは30歳の頃。転勤で移り住んだ山口県の家に咲いていたのが、華やかな大輪のバラ「ピース」だった。「こんなにきれいなんだと、感動した」。それから鉢で育てるようになり、20年前に居を構えた登戸で本格始動。家を囲むように約50品種が咲き、地域住民の目を楽しませている。3年前には、優良な景観として市内のコンクールで入賞。最近は、自前の種から育てた「世界に無二のバラ」を育てることに夢中だ。

 ○…広島県出身で兄姉のいる末っ子。実家は広島駅近くで、「駅前が様変わりして」と発展に驚く。現在は妻と2匹の猫との暮らし。妻とは健康マージャンが共通の趣味だ。バラの手入れは一人没頭する時間だが、「かみさんがアレンジして近所に配ったり」とも。2人の娘に、4人の孫も皆女の子で「そりゃかわいい」と目尻が下がる。

 ○…ボランティア活動には定年後に身を投じ、日本民家園で活動する「炉端の会」では先月副会長に着任。火曜日の担当として囲炉裏の火焚きや園内案内に勤しむ。「どの活動も無償。80歳を過ぎた先輩たちも除草をしたり火を焚いたり、本当にすごい」と敬意を示す。市の財産を受け継いでいく身として、「次の世代に残していきたい。今できることを、できる範囲でやっていくだけ」。日々着々と、未来へつなぐ。

多摩区版の人物風土記最新6件

石原 孝樹さん

歯科技工所を開業した経営者で、「神奈川がんばる企業エース」に選ばれた

石原 孝樹さん

10月19日号

布野 俊一(としかず)さん

日本民家園でボランティア活動に取り組む「炉端の会」で、今春から会長を務める

布野 俊一(としかず)さん

10月12日号

原島 小賀子さん

設立15周年を迎えた「NPO法人SAGA国際交流協会」の理事長を務める

原島 小賀子さん

10月5日号

立田 美梨花さん

ご当地アイドル「川崎純情小町☆」で宮前区、多摩区を担当する

立田 美梨花さん

9月28日号

島崎 蓉子さん

30周年を迎えた「日本伝統工芸“水引”研究会」の会長を務める

島崎 蓉子さん

9月21日号

元沢 伸夫さん

バスケB1「川崎ブレイブサンダース」運営会社の社長として、初シーズンに挑む

元沢 伸夫さん

9月14日号

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク