多摩区版 掲載号:2019年9月6日号 エリアトップへ

「登戸研究所保存の会」で事務局長を務める 森田 忠正さん 登戸在住 74歳

掲載号:2019年9月6日号

  • LINE
  • hatena

未踏の領域、探究し続け

 ○…戦時中に旧日本陸軍が開設し、風船爆弾や偽札の開発など秘密戦の中核を担った「登戸研究所」。明治大学生田キャンパス内に残る戦争遺跡を後世に引き継ごうと、保存の会の事務局として2006年の発足以来、活動を続ける。研究所の遺跡関係は昨年、川崎市地域文化財に指定された。「加害の歴史を伝える戦争遺跡の資料館は日本中でここだけ。戦争はやってはいけないと強く感じる貴重な場所」と強調する。

 ○…終戦の前年、疎開先の三重県で7人きょうだいの末っ子として誕生。すぐに地元の横浜市神奈川区に帰ると空襲に見舞われたという。法政大学第二高校では新聞部を経て、社会科学研究会の部長に。大学卒業後は勤労者向けの福祉系金融機関で勤務し、結婚を機に登戸に住み始めて半世紀になる。定年後は民生委員を15年続けており、仕事で培った専門知識や資格を生かして土地売買や借金、介護ほか生活相談を一手に引き受けるなど地域に深く関わってきた。

 ○…登戸中部町会、会員歴30年以上の稲田郷土史会ではそれぞれ副会長を担う。今年の夏は、ナシの生育に関する中学生の自由研究に協力し、町会の盆踊りで実行委員長を務めた。町会のミニ講話「わが町のぼりと」では登戸の変遷や、登戸研究所について解説。現在80人以上が名を連ねる「保存の会」としては仲間と協力し、登戸研究所関連の見学会を12年で計516回、6785人を対象にガイド役を担ってきた。

 ○…「昔のことをよく知ってるから」と、近所の年配者に話を聞くのが日課の一つ。「本に書いてあることじゃなくて、人がやっていない、知られていない『隙間』を追いたい」。知りたい情報を持つ人物がいると聞けば、自転車に乗ってすぐに会いに行く。未知への探究はこれからも続きそうだ。

多摩区版の人物風土記最新6

武井 慎一郎さん

川崎市ゆかりのプロ歌手・桜井純恵さんのマネージャーとして活動を支える

武井 慎一郎さん

高津区在住 53歳

11月8日号

北條 秀衛さん

20周年を迎えた川崎市岡本太郎美術館の館長を務める

北條 秀衛さん

麻生区在住 73歳

11月1日号

山田 大晟さん

専修大学ゴルフ部OBで、2019年度のプロテストに合格した

山田 大晟さん

相模原ゴルフクラブ所属 24歳

10月25日号

余湖 英子さん

多摩区文化協会の会長を務める

余湖 英子さん

中野島在住 66歳

10月18日号

古橋 岳也さん

川崎新田ボクシングジムのプロボクサーで、3度目の日本タイトル戦に挑む

古橋 岳也さん

枡形在住 31歳

10月11日号

櫻井 裕二さん

多摩新町自治会の会長で、先駆的に空家対策に取り組む

櫻井 裕二さん

宿河原在住 76歳

10月4日号

木村 元彦さん

設立10周年を迎えた「専修大学少年少女レスリング教室」で代表を務める

木村 元彦さん

東三田在勤 38歳

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

  • 10月25日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

心と体の健康管理

心と体の健康管理

30日 武田病院

11月30日~11月30日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク