多摩区版 掲載号:2020年6月19日号 エリアトップへ

市政報告 新型コロナウイルス感染症に対する、本市の体制強化を みらい川崎市議会議員団 露木 明美

掲載号:2020年6月19日号

  • LINE
  • hatena

 本市では3月12日に初めて感染者が発生し、6月12日までに市外在住者を含めて284名の感染者が発生しました。そのうち感染経路が明らかな方は約4割であり、病院内や介護施設、家庭内での感染とのことです。

 最近では感染者は5月で33人、6月は12日までで13人と減少しています。多摩区では合計で22人、5月1日以来、感染者は発生していません。

病床確保に注力

 この間、本市は新型コロナウイルス感染症対策本部会議や医療調整本部を設置。様々な対策を協議し対応してきました。特に病床数では神奈川モデルに対応し、重症者用に2施設25床、中等症者用に7施設250床、疑似者用に4施設45床を確保し、感染者のほとんどは回復しています。

 現在、患者の発生は減少していることから、7月1日から2割の病床数を減らし、日常医療を回復させるとしています。再び警戒アラートが発動した場合には、2週間後を目途に必要数まで回復できるよう調整を進めています。

 第2波に備えて、今後は医療体制をさらに維持・強化しなければなりませんが、特に医療従事者や医療資機材の確保が大切です。医療従事者に対しては、他院からの応援派遣に関する県の支援事業の活用を助言するとともに、対応医師や看護師向けの施策として特殊勤務手当相当額を予算計上してきました。

 医療資機材については県が主体となり、N95マスクや医療用ガウンなどを優先供給してきましたが、必要数は確保されているとのことです。

 また、PCR検査についてはこれまで行ってきた川崎市安全衛生研究所での検査以外に、5月中旬からは3カ所のPCR集合検査場を設けました。医師の要請に基づいてこれまで約100件の検査を行っており、今後も継続される予定です。

経済対策を推進

 このほかに、本市は事業継続が難しい中小企業や個人事業者への支援、生活困窮者への支援、経済活性化を目指す「じもと応援券」の発行などの支援策を打ち出しました。さらに、再開した学校に通う子どもたちの学びの保障や安全対策を行っています。支援は十分とは言えませんが、県や国の予算を含め総額2200億円規模の経済対策を行う予定です。

 今後も新型コロナウイルス感染症対策について市民の安心安全の確保を第一に、積極的に提案・要望してまいります。

川崎市議会議員 露木明美

川崎市多摩区西生田2-1-3

TEL:044-299-8184

http://tsuyuki-a.com

多摩区版の意見広告・議会報告最新6

新型コロナウイルス感染症に対する、本市の体制強化を

市政報告

新型コロナウイルス感染症に対する、本市の体制強化を

みらい川崎市議会議員団 露木 明美

6月19日号

三沢川周辺の浸水対策、示された取り組みと残された課題

市政報告

三沢川周辺の浸水対策、示された取り組みと残された課題

みらい川崎市議会議員団 露木 明美

5月1日号

新型コロナの影響を鑑み、市内中小企業への融資支援拡大

市政報告

新型コロナの影響を鑑み、市内中小企業への融資支援拡大

川崎市議会議員 上原まさひろ

3月20日号

十分な市民合意を得るには危機管理の組織強化必須

市政報告

十分な市民合意を得るには危機管理の組織強化必須

川崎市議会議員 上原まさひろ

3月13日号

大型台風・新型コロナ蔓延で見えた市の危機管理の補強の必要性

市政報告

大型台風・新型コロナ蔓延で見えた市の危機管理の補強の必要性

川崎市議会議員 上原まさひろ

3月6日号

地球温暖化対策に川崎市が率先して取り組みを

市政報告

地球温暖化対策に川崎市が率先して取り組みを

日本共産党 川崎市議会議員 井口まみ

3月6日号

きっとスマイルこどもクリニック

多摩区南生田・百合丘高校そば 7月1日(水)開院予定/6月28日(日)内覧会

https://kittosmile.kodomogenki.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク