多摩区版 掲載号:2021年3月5日号 エリアトップへ

市政報告 子どもの育ちを応援する温かい川崎に 日本共産党 川崎市議会議員 赤石ひろ子

掲載号:2021年3月5日号

  • LINE
  • hatena

◆少人数学級を一日も早く

 政府は2021年度から、小学校の学級編成標準を全学年で5年間かけて35人に引き下げることを決定しました。さらに国会では、中学校での少人数化の必要性も論議され始めています。

 川崎市議会でも2月「子どもたちが安心して学べる少人数学級を求める請願」が文教委員会で審議されました。残念ながら、共産党以外の反対多数で不採択となりましたが、追加署名を含め1万2865人もの願いは重く受け止めるべきではないでしょうか。

 コロナ禍で子どもたちは大変な思いをしてきました。しかし一方で、分散登校により学級規模が20人以下と小さくなったことで、「わかる喜び、学ぶ楽しさ」を発見できたという声も多く聞かれます。これから導入されるIT授業を真に「個別最適」なものにするためにも、少人数化は必須です。中学3年までの少人数学級化と早期実現を求めていきます。

◆小児医療費助成を中学校卒業まで

 小児医療費助成制度の通院の中学校までの適用は、いまや標準。神奈川県内33市町村で実施していないのは川崎市と湯河原町のみになってしまいました。さらに対象年齢を高校卒業まで拡大する自治体も増えています。県内では大井町が2019年度より実施、名古屋市、福岡市などの政令市でも2021年度から実施を予定しています。

 中学生になると部活動も始まり、学習塾や習い事など、子どもにかかる費用は増大します。せめて義務教育である中学校卒業まで、どの子も安心して医療を受けられるようにすべきです。同時に、所得制限や一部負担金を撤廃し、通院ともに完全無料化へ。実現に要する予算は約19億3085万円。政令市トップの財政力を持つ川崎市なら不可能ではありません。

赤石ひろ子

川崎市多摩区登戸1728 吉澤電工ビル201号室

TEL:044-930-1885
FAX:044-930-1887

http://www.akaishi-hiroko.jp/

多摩区版の意見広告・議会報告最新6

「より健康的な暮らしを」

意見広告

「より健康的な暮らしを」

〜ハーム リダクション・ライフスタイルへシンポジウム開催のご案内

4月9日号

今、改めて「子どもたちの最善のために」!

市政報告

今、改めて「子どもたちの最善のために」!

みらい川崎市議会議員団 露木 明美

4月2日号

じもと応援券「事務委託費・総額9億7千万円」に異議あり!

市政報告Vol.4

じもと応援券「事務委託費・総額9億7千万円」に異議あり!

〜予算を組み換える動議を議会で市長に提案!〜川崎市議会議員 無所属 吉沢章子

4月2日号

新型コロナ対策に積極提言‼

市議会報告 みらい川崎市議会議員団

新型コロナ対策に積極提言‼

3月26日号

他市に学び、川崎市政を少しでも前へ

市政報告

他市に学び、川崎市政を少しでも前へ

川崎市議会議員 上原まさひろ

3月26日号

新型コロナワクチン接種は安全かつ確実に!

市政報告

新型コロナワクチン接種は安全かつ確実に!

公明党 川崎市議会議員団 河野(こうの)ゆかり

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter