多摩区版 掲載号:2021年7月16日号 エリアトップへ

「百合の花咲く丘プロジェクト」を発足させ、活動に11年携わる 富岡 明美さん 県立百合丘高 元PTA会長 61歳

掲載号:2021年7月16日号

  • LINE
  • hatena

伝統と革新、ユリと共に

 ○…校内のユリを一般公開するイベント「やまゆり観賞会」。昨年の中止を経て今月、2年ぶりに開催した。PTAが中心になり、手入れを代々受け継いできた「百合の花咲く丘」を見上げ、「今年もきれいに咲いている」とにっこり。「生徒も保護者も、卒業後に『ユリを見にまた百合高へ行ってみようかな』と思える学校になれば」。そっと願いを込める。

 ○…佐賀県で生まれ育ち、就職を機に上京。結婚し、中原区に移り30年以上になる。百合高との出会いは、長女・ひかりさんが中3のとき、夏休みに一緒に訪れた学校見学。「校章のユリが素敵だなって」。2008年に入学すると、母親としてPTA運営委員会へ。「百合高にちなんだ活動をやろう」。11月、下草が茂る「丘」に約100個、ユリの球根を植栽。翌年は校内の他の土手にも広げ、今の活動につながる礎を築いた。

 ○…PTA会長になって迎えた3年目の秋、地域団体らの支援のもと本格始動。多品種の球根500個を「丘」だけでなく校門前や中庭などに植栽。生徒や保護者にも参加を呼びかけ、初の観賞会にこぎつけた。「子どもが高校生になると、親が学校から離れてしまう。保護者が学校に興味を持って、ぜひ足を運んでほしい」。PTAでは当初2つだった委員会を5つに分けるなど組織改革も。働きかけていた生徒の大学見学の導入は、会長退任後に実現した。

 ○…PTA活動で思い出すのは、会長として最後に迎えた卒業式。「お花があったらいいな」。参列する卒業生と教員向けに、ヤマユリのコサージュ作りを初めて企画。学年委員会から教員への花束贈呈と共に、その後も伝統として受け継がれている。「百合高でよかった」。その思いを、全ての親と子へつなぐ。

多摩区版の人物風土記最新6

藤田 智也さん

50周年を迎える「かわさき宙と緑の科学館」で、今年度から館長を務める

藤田 智也さん

枡形在勤 51歳

7月23日号

富岡 明美さん

「百合の花咲く丘プロジェクト」を発足させ、活動に11年携わる

富岡 明美さん

県立百合丘高 元PTA会長 61歳

7月16日号

廣田 光治さん

中野島商店会の会長に今春着任した

廣田 光治さん

中野島在住 57歳

7月9日号

土方 明司さん

川崎市岡本太郎美術館の第3代館長を今春から務める

土方 明司さん

枡形在勤 60歳

7月2日号

吉澤 朋充さん

新庁舎が完成した多摩区役所生田出張所で、所長に今春就いた

吉澤 朋充さん

登戸在住 56歳

6月25日号

関山 浩司さん

登戸区画整理事務所の所長に、今春就いた

関山 浩司さん

長尾在住 55歳

6月18日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】7/19(月)16時~予定!中野島エリアは駅近で駐車場計114台

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter