多摩区版 掲載号:2022年1月1日号 エリアトップへ

日本民家園のボランティア「炉端の会」初代会員として最高齢で活動を続ける 清水 年子さん 長尾在住 95歳

掲載号:2022年1月1日号

  • LINE
  • hatena

探求心 、この地に注ぐ

 ○…60代から古民家の案内人を務めて28年。第1・3土曜日の活動班に所属し、来園者に笑顔で接する。大好きな石造物のことや、「三和土(タタキ)」の語源など話題は尽きない。「お客様と園内を歩いて説明をすると興味を持ってくれる」と目尻を下げる。国指定文化財「旧船越の舞台」もお気に入り。「17歳のころから歌舞伎を見ていて、舞台が好き」と、一日中1人でガイドしたことも楽しい思い出だ。

 ○…63年前、夫の転勤で川崎市民に。34歳のとき長尾に越してきた。民俗学や仏教美術に関心を抱き、市民館で多くの講座に参加。民家園9代目園長・三輪修三氏の学習会をきっかけに、炉端の会1期生となった。学芸員による建築や考古の講義に加え、古民家の旧所在地へ研修旅行も。当主と交流し、土地特有の建築や生活習慣を知った。「新発見の数々。長尾に住む民家園の職員にもお世話になった」と、学んだことが今も生きる。

 ○…大正15年、寅年生まれ。今の新宿にあたる東京・淀橋(よどばし)区で育った。祖父に連れられ、渋谷で生前の「忠犬ハチ公」と会ったことが印象に残る。戦時中、19歳まで内閣印刷局に勤務。「お国のために働かなければ。家も職場も空襲にあい、それでも東京から離れなかった」――。記憶を語り、健康に活動し続ける秘訣は「よく食べることと、長尾の山で鍛えた足腰」。同居する娘の支えも力になっている。

 ○…民家園に限らず、市内の石造物や地名調査にも携わってきた。寺院や旧家を巡ると、「興味津々で根掘り葉掘り聞きすぎてしまう」と目を細める。全国の建物博物館を見学してきたが、「民家園が日本一」ときっぱり。「仲間と勉強し続けて、守り通していきたい」。歴代の園長や学芸員へ、感謝を込めた。

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】5月16日9:10オープン ポラリス「Sアイムジャグラー」増台

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

多摩区版の人物風土記最新6

高橋 良八(よしや)さん

看板制作の技能者として、今春の黄綬褒章を受章した

高橋 良八(よしや)さん

宿河原在住 78歳

5月13日号

堀川 華那(はな)さん

多摩区ソーシャルデザインセンター(SDC)の学生代表に今月就任した

堀川 華那(はな)さん

県立多摩高校出身 20歳

4月29日号

村上 治三郎さん

4月1日付で多摩消防署の署長に就任した

村上 治三郎さん

枡形在勤 58歳

4月22日号

緒方 雅子さん

二ヶ領せせらぎ館で今月、多摩川の野草の植物画展を開いている

緒方 雅子さん

堰在住 62歳

4月15日号

松本 利夫さん

ダンス&ボーカルグループ「EXILE」メンバーで川崎市市民文化大使を務める

松本 利夫さん

川崎市出身 46歳

4月8日号

手塚 はるかさん

土地区画整理の空き地で移動型珈琲店を営み、登戸のまちづくりを仕掛ける

手塚 はるかさん

登戸在勤 41歳

4月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook