多摩区版 掲載号:2011年6月17日号

区内3大学の自主活動グループ「学生コンソーシアムたま」の代表

中村 勇太さん

三鷹市在住 明治大学4年生 21歳

楽しさは自分で作る

 ○…「区内の3大学で学生が2万5千人もいるんです。大学連携とはいっても、実際には学生同士の交流は盛んではなかった。もったいない」。そんな思いから設立した。3大学のサークルやゼミと活動を共有し、お互いに参加しあう。今月25日に行われる登戸東通り商店街のイベント「わくわくナイトバザール」では、3大学のカラーにちなみ緑(専修)、紫(明治)、ピンク(日本女子)の3色ラスクを販売する。

 ○…「生田キャンパスは理系学部なので忙しい学生が多く、駅と大学の往復だけという人が多いんです」。明治大学に入って感じたことの一つが、都心から離れていることを不満に思っている学生が多いこと。しかし「どうせ4年間通うなら自分から楽しくしないと」。そんな発想で1年生のときに生田キャンパスの魅力発見と向上のためのサークルを開始。4年生になった今、他の2大学まで巻き込み、学生コンソーシアムたまをスタートさせた。

 ○…吉祥寺育ち。街に興味があり、地元でもタウンミーティングなどに積極的に参加していた。中学校の頃は「市長のおっかけをしていた」ことも。「新宿に買い物客が流れてもおかしくない場所なのに、みんな地元で買い物をする。吉祥寺にみんなが誇りを持っていて、良くしたいという意識が高いんです」。吉祥寺のように、ここ生田でも環境は自分たちで作れると感じている。「生田キャンパスの学生のうち1割でも生田を好きになれば、一気に広がるはずです」

 ○…学生のうちに”生田に残していけるものはないか”という思いも設立の動機だ。学生コンソーシアムたまは、インターネットなどでも広がりを見せ始めている。「たとえば植物観察のサークル主催で3大学合同観察会をやったり、運動部が3大学対抗でなにか行ってもいいのでは」と考えてばかりいる。最後の1年間。まだまだやりたいことはたくさんあるようだ。
 

多摩区版の人物風土記最新6件

鈴木 隆司さん

西宮神社開門神事「福男選び」で10日、一番福を勝ち取った

鈴木 隆司さん

1月20日号

田通(たどおり) 順子さん

稲田保育園の保育士で、今年度の神奈川県保育賞を受賞した

田通(たどおり) 順子さん

1月13日号

白石 晴生さん

第67代川崎青年会議所(JC)理事長に1月1日付で就任した

白石 晴生さん

1月6日号

福山 聖和(せな)さん

専修大学相撲部の主将で、「藤島部屋」への入門が決まった

福山 聖和(せな)さん

1月1日号

關山(せきやま) 武男さん

発足10周年を迎えた「二ヶ領用水宿河原堀を愛する会」の会長を務める

關山(せきやま) 武男さん

12月9日号

矢野 智之さん

毎年、市内の小学校でボランティアの清掃教室を開いている

矢野 智之さん

12月2日号

関連記事(ベータ版)

多摩区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク