多摩区版 掲載号:2012年6月29日号
  • googleplus
  • LINE

4月25日に発足した「多摩区歩け歩けto you協会」の会長を務める 小林 博さん 南生田在住 62歳

細く長く 亀のように

 ○…前身の「多摩区歩け歩け協会」を引き継ぎ、新たに同会を発足させた。歩くことで健康を維持し、仲間づくりとまちづくりの輪を広げるのが目的だ。月1回、区内や都内のコースを参加者とともに2時間半ほど歩く。同会を取り仕切るのは4人。長い間ウォーキングを楽しんできたベテランが集まっている。企画運営から雑務までを幅広くこなし、参加者に少しでも楽しんでもらえる会にしようと奔走中だ。

 ○…会のモットーは「元気に楽しく、とにかく安全に」。コースを選ぶ基準も参加者の大半を占める中高年のために安全なコースを設定。6月から9月までは熱中症や食中毒にも注意し、啓発パンフレットを配るなど配慮も忘れない。「これからは他の区の歩け歩け協会との差別化を図らないといけない」と話すように、ウォーキングの合間にちょっとした外国語講座やミニ医療講座なども開く予定という。参加者を飽きさせない工夫を凝らす。

 ○…公務員退職後の現在も臨時職員として仕事に励む。日々の楽しみは野球観戦。休日はジャイアンツ球場に通い、目をつけた選手の成長を見守る。「出来上がった選手よりこれから活躍しそうな原石を見つけて、成長過程を見ていくのが好き」と表情を緩める。若さの秘訣は毎日のジョギングだという。職場がある鷺沼から自宅までを走るのが日課だ。「歩け歩け協会から、そのうち走れ走れ協会もできるかも」。

 ○…ウォーキング中は歩くのが遅い人に合わせるのが慣例。会旗には亀を採用し、長生きをしてゆっくり歩いていこうという意味を込めた。これからは若い人に参加してもらい、世代間交流の役割も果たしたいと願う。自然体でいられる会にしたいとの思いもある。「ウォーキングは日常生活の延長線。だから肩肘はることなく続けていける。参加者のみなさんと健康維持しながらまちづくりを盛り上げていきたい」
 

多摩区版の人物風土記最新6件

北見 純一さん

多摩区内で唯一のイチゴ農園「BUNKAEN」を開いた

北見 純一さん

2月16日号

鈴木 大さん

川崎市選抜チームの新監督として、第72回市町村対抗「かながわ駅伝」に臨む

鈴木 大さん

2月9日号

宮崎 朝子さん

川崎出身の3ピースロックバンド「SHISHAMO(シシャモ)」のギターボーカル

宮崎 朝子さん

2月2日号

村上 能立(よしたつ)さん

2017年度「第30回川崎市自治功労賞」を受賞した

村上 能立(よしたつ)さん

1月26日号

三上 峰緒さん

現役美容師で、「かわさきマイスター20年展」で最後の作品を展示した

三上 峰緒さん

1月19日号

河合 来夢(らむ)さん

ブレークダンスで10月のユース五輪出場を目指す

河合 来夢(らむ)さん

1月12日号

12月オープン!川崎寺子屋食堂

2月18日(日)に新年度・生徒向け説明会!詳細は電話044・299・7474

http://terakoya.or.jp/

<PR>

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

市民参加の人情喜劇

市民参加の人情喜劇

3月 劇団辻シアター

3月10日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク