多摩区版 掲載号:2014年4月18日号 エリアトップへ

4月1日付で、かわさき宙と緑の科学館の館長に就任した 島田 秀雄さん 川崎区在住 55歳

掲載号:2014年4月18日号

  • LINE
  • hatena

市民と歩む博物館をめざして

 〇…「着任した4月1日は満開の桜が迎えてくれた。生田緑地との縁の深さを感じる」。市の職員として2度、通算5年に渡って生田緑地に関わる職務に携わってきた。06年に総合企画局の生田緑地調整担当課長に就き、生田緑地の魅力や利便性向上に取り組んできた。08年に就任した教育委員会文化財課長は各文化施設の調整役。生田緑地で活動する市民、団体の中には顔見知りも多く、「『お帰りなさい』と声をかけられたのがうれしかった」と目を細める。

 〇…生田緑地の魅力について、豊富な自然や文化施設の集積に加え、「様々な活動を行っている市民や団体、大学、関係機関などがあり、それぞれが連携していること」と考えている。科学館は世界最高クラスのプラネタリウムを有し、市内外から数多くの小中学生が訪れ、天文や自然に関する学習や体験に取り組んでいる。「次世代の科学者が誕生できるように科学教育の推進に取り組みたい」と気を引き締める。

 〇…生まれ育ったのは川崎区。まち歩きが趣味で、昨年6月から休日を利用して楽しんでいるのが東海道制覇だ。日本橋からスタートして旧街道を1日30〜40キロに分けて1人で歩くという。現在は名古屋市内の鳴海宿まで辿り着いたところだ。その間、各地にある交流館に立ち寄ることも楽しみになった。「自分も科学館ではお客さんを迎え入れるという立場。積極的にお客さんに声をかけていきたい」

 〇…リーダーとしては「周囲との調整を図ってまとめていくタイプ」と自身を分析する。「お客さんと接する仕事だから、みんなと仲良くしたい」とあくまでも謙虚な姿勢。館長としてまず目指しているのは、市民や商店街などと連携しながら、生田緑地や各施設の魅力を発信すること。「コンセプトは市民と歩む博物館。市民の皆さんとともに博物館づくりに取り組んでいきたい」

多摩区版の人物風土記最新6

島岡 功さん

「小沢城址里山の会」の3代目会長を務める

島岡 功さん

菅在住 81歳

11月27日号

脇坂(わきざか) 泰斗さん

川崎フロンターレMFで背番号「8」を付けてプレーする

脇坂(わきざか) 泰斗さん

横浜市青葉区在住 25歳

11月20日号

今井  礼夢(らいむ)さん

プロレスラーとして、12月7日の新百合ヶ丘大会でデビュー戦を迎える

今井 礼夢(らいむ)さん

ヒートアップ所属 16歳

11月13日号

村田 俊一さん

多摩区役所生田出張所の所長を務める

村田 俊一さん

栗谷在勤 59歳

11月6日号

淺谷 直美さん

区役所通り登栄会商店街振興組合の事務員で、イベントや作画も手がける

淺谷 直美さん

中野島在住

10月30日号

前島 誠一さん

今春から「ばら苑ボランティア会」の会長を務める

前島 誠一さん

宮前区在住 69歳

10月23日号

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク