多摩区版 掲載号:2015年3月6日号 エリアトップへ

15日に開かれる「多摩区スポーツフェスタ」の実行委員長を務める 新藤 敏夫さん 菅北浦在住 70歳

掲載号:2015年3月6日号

  • LINE
  • hatena

受け取ったものを次世代へ

 ○…今年で2回目の開催となる「多摩区スポーツフェスタ」の実行委員長として奔走している。スポーツを通した健康で元気のあるまちづくりをめざし、川崎市多摩スポーツセンターと周辺の南菅小学校、南菅中学校を会場に各関係団体や行政が一丸となって取り組む。「自分が子どもの頃は空地や遊び場がたくさんあった。最近は運動する場所がないという声をよく聞く。区内にはいい施設があるからぜひ使って、運動と交流を楽しんでほしい」

 ○…多摩区スポーツ推進委員になって今年で28年目。現在は委員長としても約60人をまとめ、区民の健康・体力づくりのため、地域のスポーツ推進活動に取り組んでいる。ウオーキングイベントや区民体力テストのほか、年間を通して開催される各大会・イベントでは審判やスタッフとして多摩区のスポーツ推進をけん引する。「スポーツが好きだから続けられる。丈夫な体が自然に作れるしね」

 ○…子どもの頃から野球少年だった。田んぼの中でテニスボールと竹を使って近所の大人や上級生と楽しんだ「庭球野球」がいい思い出という。「部活でもないのに、先輩が丁寧に教えてくれた。好きになって、できるようになった」と懐かしむ。社会人になっても会社の部活として野球を続け、30代の頃は地元の少年野球の監督も務めた。教え子が名門校に進学し、甲子園の砂を持ってきてくれたこともあるという。「子どもは素直だから指導の仕方が重要。基本に忠実な指導で伸びる子は多い。成長を感じると嬉しい」

 ○…選手の気持ちを理解して運営に役立てようと、推進委員が参加する大会を提案。稲城市と協働でウオーキングイベントも開催し、新しい取組にも挑戦してきた。積極的な姿勢は、手本としている先人の影響が大きいという。「委員を始めたときは、なんとなくだったけど、自分が受け取ったものを次の世代へとつなげていきたい」
 

多摩区版の人物風土記最新6

小川 聖子(せつこ)さん

デュオ「J&S陽だまりコンサート」で、音楽を通じた地域活動を続ける

小川 聖子(せつこ)さん

枡形在住 71歳

7月10日号

望月 幸男さん

菅町会のウェブサイトで「菅のスケッチ散歩」を連載する

望月 幸男さん

菅馬場在住 81歳

7月3日号

佐藤 勝さん

創部30周年の「多摩ミニバスケットボールクラブ」で代表を務める

佐藤 勝さん

中野島在住 65歳

6月26日号

宮野 哲也さん

藤子・F・不二雄ミュージアムの館長を昨年12月から務める

宮野 哲也さん

長尾在勤 64歳

6月19日号

増田 朝光さん

多摩消防団の団長に今春就任した

増田 朝光さん

菅馬場在住 68歳

6月12日号

権平 豊さん

長尾台コミュニティバス利用者協議会の会長に今春就いた

権平 豊さん

長尾在住 64歳

6月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月10日0:00更新

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク