多摩区版 掲載号:2016年10月28日号 エリアトップへ

「多摩川スピードウェイの会」会長として、開設80年企画に携わった 片山 光夫さん  逗子市在住 71歳

掲載号:2016年10月28日号

  • LINE
  • hatena

レースの歴史、伝えたい

 ○…現在の丸子橋そば、多摩川河川敷にあった日本初の常設自動車レース場「多摩川スピードウェイ」。開設から80年が経った今年、市民ミュージアムでの写真展、記念プレートの設置など、中心となりメモリアルイヤーを盛り上げた。「日本のモータースポーツの始まりの場所がここにあって、自動車産業を支えた人たちが集まっていた。その歴史を多くの人に知ってもらう良い機会になった」と手応えを感じている。

 ○…2年前に「開設80周年に向け、記念的なことはできないか」と有志が集まり、20人弱でスタートした同会。知人に誘われて発足から会に携わる。メンバーは当時のレースに出場していたドライバーの子孫やジャーナリスト、大学教授、学生など多彩。それぞれがサーキット場やモータースポーツに思い入れがあり、多摩川スピードウェイを後世に伝えていきたいと活動している。昨年11月には大田区で2日間の回顧展を行い、約3千人が訪れた。

 ○…疎開先の静岡県で生まれ、終戦後は、実家のある自由が丘で過ごした。父は日産の「フェアレディZ」の生みの親で、その開発の中心にいた片山豊氏。それもあり、子どもの頃は丸子橋を渡り多摩川スピードウェイの付近を父とドライブした。偉大な父には「アメリカでナンバーワンの輸入車を売った人」と尊敬の念を見せる。多摩川の河川敷はよく模型飛行機を飛ばした場所でもある。「身近にあった場所がこうして80周年でめぐり会って幸せだね」と笑顔を見せる。

 ○…80周年イベントを成功させ、会は新たな展開を模索する。「色々な場所の自動車博物館で展示会などやりたいね」。今、懸念するのは若い世代の自動車離れ。「私達の時代は自動車に夢があったけど、最近の子どもたちは自動車に興味がなくなっているのを感じる。会の活動を通して多摩川スピードウェイはもちろんモータースポーツの魅力も伝えていきたいね」

多摩区版の人物風土記最新6

古橋 岳也さん

川崎新田ボクシングジムのプロボクサーで、3度目の日本タイトル戦に挑む

古橋 岳也さん

枡形在住 31歳

10月11日号

櫻井 裕二さん

多摩新町自治会の会長で、先駆的に空家対策に取り組む

櫻井 裕二さん

宿河原在住 76歳

10月4日号

木村 元彦さん

設立10周年を迎えた「専修大学少年少女レスリング教室」で代表を務める

木村 元彦さん

東三田在勤 38歳

9月27日号

海法 潤二さん

辺野古の基地建設に対し、川崎から声を挙げようと市民団体を発足させた

海法 潤二さん

菅馬場在住 71歳

9月20日号

金子 敦さん

「菅獅子舞保存会」の会長を今年から務める

金子 敦さん

菅馬場在住 57歳

9月13日号

森田 忠正さん

「登戸研究所保存の会」で事務局長を務める

森田 忠正さん

登戸在住 74歳

9月6日号

中山 紳一さん

公益財団法人川崎市スポーツ協会の会長に就任した

中山 紳一さん

中原区在住 58歳

8月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク