多摩区版 掲載号:2016年11月18日号 エリアトップへ

太極拳をボランティアとして地域に13年間教え続けている 網野 金吾さん 菅在住 88歳

掲載号:2016年11月18日号

  • LINE
  • hatena

太極拳、ゆっくり味わう

 ○…定年退職する直前に始めた太極拳に魅せられて26年が経つ。頼まれてボランティアで教えていくうちに教室が増え、現在では区内の老人いこいの家やこども文化センターなどを会場に6教室で太極拳を伝授している。「楊名時太極拳」の師範となってからの13年間で教室を訪れた人は250人を超える。「太極拳は高齢者や運動が苦手な人に適した健康運動。健康維持のためにも、より多くの人に知ってもらいたい」

 ○…太極拳がもつ「ゆっくりと流れる時間」に魅力を感じている。東洋医学に基づくゆっくりとした動きに加え、どんなに優れた演者でも師範になるには13年間の月日を要するとされる点も気に入っている。自身がはじめたのは62歳の頃。運動不足を解消しようと空手を始めたが、右手を負傷してしまう。そこで、道場のすぐ隣で活動していた太極拳に気軽な気持ちで切り替えたのがきっかけ。「こんなにゆっくりと時間が過ぎていく世界があるんだと驚いた。太極拳を通して心が落ち着くのを感じる」

 ○…横浜市出身。大学卒業後、不二サッシ(株)に入社した。「サラリーマン時代は本当に忙しかった」と振り返る。会社が成長していく時期に設計部門に配属され、締め切りに追われる日々を過ごした。1963年には宮内庁からの依頼で、皇居内に建設する新宮殿に使用する材料選定の会議や実験に参加したこともある。「1週間に2日徹夜はよくあった。分刻みで働き、サラリーマンはこういうもんだと思ってた」。しかし、そんな忙しい日々が終わりを迎える定年のころ、太極拳と出会いによって時間の感じ方が変わり、世界が一転した。

 ○…自身の健康も太極拳のおかげだと考えている。88歳の誕生日には、妻と2人の息子夫婦、3人の孫と共に米寿を祝った。「年をとったからと言って寝たきりで過ごすのは嫌。太極拳で健康と姿勢を維持して、今後も広めていきたい」

多摩区版の人物風土記最新6

橋本 健さん

あす開催される「第9回たま音楽祭」の実行委員長を務める

橋本 健さん

登戸新町在住 53歳

12月6日号

深城 由美子さん

西菅小学校の創立30周年記念事業実行委員会で実行委員長を務めた

深城 由美子さん

菅北浦在住 54歳

11月29日号

井田 光一さん

稲田小学校の創立140周年記念事業実行委員会で実行委員長を務めた

井田 光一さん

宿河原在住 62歳

11月22日号

大石 千明さん

枡形中学校創立40周年記念実行委員会の実行委員長を務めた

大石 千明さん

生田在住 60歳

11月15日号

武井 慎一郎さん

川崎市ゆかりのプロ歌手・桜井純恵さんのマネージャーとして活動を支える

武井 慎一郎さん

高津区在住 53歳

11月8日号

北條 秀衛さん

20周年を迎えた川崎市岡本太郎美術館の館長を務める

北條 秀衛さん

麻生区在住 73歳

11月1日号

山田 大晟さん

専修大学ゴルフ部OBで、2019年度のプロテストに合格した

山田 大晟さん

相模原ゴルフクラブ所属 24歳

10月25日号

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク