多摩区版 掲載号:2021年11月19日号 エリアトップへ

三田小学校の創立50周年記念事業実行委員会で実行委員長を務めた 富崎 剛さん 三田在住 46歳

掲載号:2021年11月19日号

  • LINE
  • hatena

皆の支え胸に 思いやる

 ○…過去10年のPTA役員らで組織した実行委員会。3年前から準備を進め、コロナ対策にも追われた。「皆さんそれぞれ動いてくれて。結果的に僕が一番何もしていない」。無事式典を終え、OB会や教職員への感謝もにじむ。今春卒業した次女は高学年のとき、運営委員としてスローガンやマスコット考案に携わった。「子どもたちと一体でやっていると感じられた」と目を細める。

 ○…2児の父として、「土日祝日は朝から晩まで子どもと一緒、おんぶ紐にベビーカー、幼稚園の送り迎え」と、自らを「イクメンのはしり」と例える。そんな姿が目に留まってか、推薦を受け2013年度のPTA会長に。人前は苦手だったが、頼りになる役員メンバーに支えられた。地域教育会議などで近隣小中とも関わり、地域ぐるみの子育てを実感。「本当にいい経験。サラリーマンでも、みんな会長をやってみた方がいい」

 ○…小5まで札幌市で育った。子どもが多い時代、目立とうとマイナーだったサッカーで活躍するも、転居した横浜市でレベルの違いに圧倒された。中学から剣道に打ち込み、大学時代は高校のコーチに。三田に越してきた10数年前、散歩中に三田小の体育館から剣道の音が響いた。それから3年間、長女と同クラブに通い指導も。「3家族しかいなかったところから経験者の父親たちを巻き込んで。今は人が多く活発」と思いを寄せる。

 ○…会計事務所勤務を経て、5年前には企業の電力コスト削減を担う会社を立ち上げた。「土曜の商談に子どもを連れて行ったり、出張先で安くて美味しいお店を探したり」と、オンオフを分けない働き方を楽しむ。実行委員長を全うし「学校に行く時間が好きだったので寂しい」とも。「三田っ子」の未来を思う。

多摩区版の人物風土記最新6

大津 昭己(しょうみ)さん

今春から多摩区遺族会の会長を務める

大津 昭己(しょうみ)さん

宿河原在住 80歳

8月12日号

梶 稔さん

今年6月、セレサ川崎農業協同組合の代表理事組合長に就任した

梶 稔さん

麻生区在住 66歳

8月5日号

久延 一郎さん

川崎市農業技術支援センターの所長を今春から務める

久延 一郎さん

菅仙谷在勤 53歳

7月29日号

熊谷 薫さん

多摩区周辺でアートプロジェクトを行うTAMA VOICESの代表を務める

熊谷 薫さん

生田在住 42歳

7月22日号

金田 圭二さん

パサージュ・たま運営委員会の委員長を務める

金田 圭二さん

菅馬場在勤 44歳

7月15日号

武藤 智則さん

登戸区画整理事務所の所長を今春から務める

武藤 智則さん

登戸在勤 53歳

7月8日号

あっとほーむデスク

  • 8月12日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook